基礎耐圧盤の配筋検査 細長変形地の二世帯コートハウス

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)は、の基礎耐圧盤の配筋検査に行きました。(7/22)

梅雨が明けたこの時期の基礎工事現場は、立っているだけで汗が吹き出てきて暑さが半端でないので、工事の方には頭が下がる思いです。


 

配筋検査では基礎配筋図、基礎施工図と見比べながら、鉄筋の種類、本数に間違いがないかチェック。鉄筋の間隔、定着長さ、継手長さ、かぶり厚などが規定通りか、またアンカーボルトの位置と本数、設置状況なども確認します。

建物正面を支える、120×300の柱が3つ連続する部分の基礎。金色の棒はSE構法の柱脚と基礎を緊結するアンカーボルトです。

>>関連ブログ2013.6.17 ひかりを組み込む家 SE構法の柱脚

 

肋筋(あばらきん/スターラップ筋)のフックは、外形45mm程度でコンパクトに曲げられているので、鉄筋のかぶり厚(鉄筋と型枠の空き寸法)も問題なく確保されています。

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

 

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

建築知識8月号「なぜ・・・木造住宅のすごい新常識」に事例掲載

建築知識8月号 (エクスナレッジ2017.7月発売)「なぜ、あなたの設計は「パッとしない」のか?  木造住宅のすごい新常識」が発売されました。

設計事務所アーキプレイスでは、空と暮らす家(スキップフロア)ときどき電車の見える家くるりのある家独立した二世帯が集う家の四つの住宅事例を紹介し、実際に設計する時に考えていること、プランニングや納まりなどで工夫しているポイント、気をつけている点などを解説しています。

建築の専門家向けの雑誌ですが、書店(建築書籍コーナー)で見かけましたら、ぜひお手に取ってご覧ください。

 
 
P40  ルンバは専用スペースに・・・・空と暮らす家(スキップフロア)

P56~57 共用着替え室で家事を効率化・・・・ときどき電車の見える家

P81   在宅勤務用の書斎をつくる・・・・くるりのある家

P84   床下をなくして階高を確保する・・・・独立した二世帯が集う家

>>関連ブログ2013.9.23 建築知識10月号「美しいデザインで確認申請を一発で通す方法」に2つの事例掲載

>>関連ブログ2014.3.23 建築知識4月号「センスを磨く!高さ寸法のルール150」に事例掲載

>>関連ブログ2014.7.20 建築知識8月号「9割の設計者がスゴイと思う間取りのワザ」に事例掲載

>>関連ブログ2015.9.6 「上質な住宅をつくるための既製品活用ガイド」に住宅事例が掲載

>>関連ブログ2016.7.20 建築知識8月号「・・・最新住宅設備の超実践ガイド」に事例掲載

←前の記事 空と暮らす家(スキップフロア)     次の記事→

←前の記事 ときどき電車の見える家     次の記事→

←前の記事 くるりのある家     次の記事→

←前の記事 独立した二世帯が集う家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(完成済), 独立した二世帯が集う家, くるりのある家, 空と暮らす家スキップフロア, ときどき電車の見える家, 雑誌掲載・TV放映 | タグ: , , , , | コメントする

細長変形地の二世帯コートハウス 外壁材、アルミサッシ、窓ガラス

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)は、現在、基礎工事をしています。今日は、外壁材の色、アルミサッシ色と窓ガラスの種類(透明か半透明か)、屋根や水切りに使うガルバリウム鋼板の色などについて、建主の方とお打ち合わせしました。また、音楽室の防音仕様について、細かな納まりなども確認しました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , , , , | コメントする

homifyの 記事「私が設計事務所に依頼をした5つの理由」に掲載

建築やインテリアデザインのオンラインマガジンhomify(ホミファイ)

「私が設計事務所に依頼をした5つの理由」という特集記事で、

嬉しいことに

しだれ桜と暮らす3世代の家猫と暮らす中庭のある家

の事例写真が使われています。

>>homify 私が設計事務所に依頼をした5つの理由

5つの理由として上げられている、オンリーワン設計充分なヒアリング施工クオリティイメージを形にこだわりの空間はいずれも設計事務所に依頼する場合のメリットですが、この記事では同時に、設計事務所に依頼する場合に気をつけたい点(デメリット)にも触れられています。ご興味ある方は、ぜひ一度ご覧ください。

 

◼︎しだれ桜と暮らす3世代の家[木造2階建て、郊外型二世帯住宅]

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー しだれ桜と暮らす3世代の家

関連ブログ2016.5.1 しだれ桜と暮らす3世代の家 ドローンによる空撮動画

>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その1
>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その2
>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その3

◼︎猫と暮らす中庭のある家[木造2階建て、郊外型住宅、コートハウス]

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 猫と暮らす中庭のある家

>>猫と暮らす中庭のある家 竣工写真ーその1
>>猫と暮らす中庭のある家 竣工写真ーその2
>>猫と暮らす中庭のある家 竣工写真ーその3

homify(ホミファイ)」はドイツ・ベルリンに拠点に置く、建築やインテリアデザインについてのオンラインマガジンで、日本版サイトもあります。

>>homifyのプロフェッショナルページ 設計事務所アーキプレイス

←前の記事 しだれ桜と暮らす3世代の家    次の記事→

←前の記事 猫と暮らす中庭のある家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(完成済), しだれ桜と暮らす家, サイト・WEB掲載 | タグ: , , , , , , , | コメントする

桜並木と暮らす家 夏の強い日差しを遮るための屋根

週末、上棟した『桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場で、建て主の方と打合わせしました。

設計中に一度決めていますが、実際に立ち上がった現場で仕上げ材のサンプルを用意して、最終的に決定していきます。

外壁のガルバリウム鋼板のタテハゼ葺きの形状サンプルを施工会社に用意してもらいました。

>>関連ブログ2014.2.21 外壁ガルバリウム鋼板の自己修復作用 建て主施工確認

 

タテハゼ葺きのハゼの形状は二種類あります。

>>関連ブログ2014.2.4 ガルバリウム鋼板 立ハゼ葺きの外壁 十字路に建つスキップハウス


ホールダウン金物がつく位置には、ホールダウン金物の種類を書いた白テープを貼って、作業が効率的に行えて、かつ、間違いを少なくする工夫がされていました!!!

デッキテラスをブルーシートで覆って、材料や仕事道具を整理して置いてありました。

この住宅の南側には、夏の強い日差しを遮るための屋根を外壁から約1.1mはね出させています。以下、少し専門的になりますが、その構造についての説明です。

はね出し屋根を支える90角の垂木(タルキ)は、先端部分がネジ状になっているタルキックを使って、屋根合板(24mm)の下にある梁に固定。

>>株式会社タナカ タルキックII

タルキックだけも十分な固定ができますが、N75の釘を両側から斜め打ちしてより強固に固定しました。

90角の垂木(タルキ)の間隔(ピッチ)は455mm。

はね出し長さの2倍以上(実際には3倍以上)の長さを固定。

先端部分がネジ状になっているタルキックが、90角の垂木(タルキ)を貫通します。

屋根の先端には内樋を組み込むため、跳ね出した垂木の先端に内樋の下地となる合板を写真のように取り付けます。

厚さ24mmの合板で作った内樋を支える下地。

現在の木造住宅で多用され、構造的に重要な役目をはたしている釘。長さが刻印され、色も種類によって変えられているので、間違えが起こりにくい工夫がされています。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

ミカンの木の育つ二世帯住宅 デッキテラスの三角開口の作り方

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場打合せでは、軒先まわりの細かな納め方や、施工が難しいデッキテラスの三角開口部分を重点的に打合せしました。

三角開口部分は図面や模型ではわかりにくいので、ポイントとなるラインがイメージできるように水糸を張って、大工さんの下地の組み方や板金の形状を打合せ。デッキテラスに立った時の開放感、風景の見え方、道路からの視線の防ぎ具合なども確認しました。

建物が斜めにスパッと切られたような三角形状の開口は、3つの頂点を結んで生まれる三角形が傾斜した形が基本となるので、その三角形の頂点の位置を正確に出すことがポイントになります。ただ、三角形のどの辺も水平でも垂直でもないこと、材料にはそれぞれ厚みがあることで、実際に作るにはかなり難易度が高い工事が予想されるため、現場監督さん、大工さんと時間をかけて検討しました。

屋根は下地まで施工が終わり、壁には雨が室内を濡らさないようにブルーシートがかけられています。

トップライトを取り付ける開口が屋根に開けれれています。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , | コメントする

地盤改良(柱状改良)工事と基礎の墨出しの確認

細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の工事は、先週、地盤改良(柱状改良)が終わり、今週、基礎の墨出しを行いました。


 

この現場で採用した地盤改良方法は、セメント系固化材による「柱状改良」です。手順としては、現場に穴を掘る→セメントミルクを注入→混合攪拌によって、硬い地盤に到達する長さの円柱状の硬い柱を地面の中に作ります。今回は長さ3.75m、直径500mmの改良体を35本作って建物の全荷重を支えます。

>>関連ブログ2015.5.15 地盤改良工事立ち会い 独立した二世帯が集う家

 

現場はには捨てコンクリートが施工されています。建物の基準となる線(通り芯)を捨てコンクリートの上の正確に引き、それを基準として基礎の型枠や鉄筋が施工されます。建物の基準となる線を現場に引いていくことを「墨出し」と言いますが、「墨出し」は建物実際に作っていくための原寸での作図で、とても大切な工事工程です。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , | コメントする

練馬区のリフォーム 工事の最終確認とご挨拶に伺いました

練馬区のリフォーム』はすべての工事が終了し、今日は、工事の最終確認とご挨拶に伺いました。

昨年の6月から進めてきたもので、1年の間にはいろいろなことがあったプロジェクトですが、工事会社の方の丁寧な対応と協力を得て、建て主の方にはとても喜んでいただくことができました。

竣工写真は近日、アップする予定です。

←前の記事 練馬区のリフォーム     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 練馬区のリフォーム | コメントする

外構植栽工事の打合せ 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の現場では内外ともに工事が進んでいます。

今日は外構の工事業者の方に来てもらい、建て主の方と一緒に外構の植栽工事や塀などについてお打ち合わせしました。

 

外構工事の方に、建物の概要や外構計画で実現したい設計者としてのイメージを伝え、建て主の方からは、テラスに飾る植栽のイメージなどをお話しいただきました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | コメントする

上棟しました 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)が上棟しました。炎天下の中での建て方でしたが、夕方は少し風も出てきて工事は順調に進み、5時前には上棟しました。

屋根(小屋組)の中央あたりに2本並んで架かる3本組合せ梁(3連梁)。2本組合せ梁(2連梁)はときどきありますが、3本組合せ梁(3連梁)となると大工さんも初めての経験とのこと。

3本組合せ梁(3連梁)の施工では、3本の梁の両側の梁を先に架けて、最後に真ん中の梁を落とし込みむ方法で架けました。

3本組合せ梁(3連梁)の端部。柱と比べると幅が3倍あるとても太い梁です。今後、φ16のボルトで455mmピッチで3本の梁を締めて一体的な梁にします。

梁成(はりせい・高さ寸法)を抑えて、柱を入れずに大きな空間をつくために3本組合せ梁(3連梁)にしています。

>>関連ブログ2017.6.13 木造住宅のプレカットの打合せ 桜並木と暮らす家

道路側に面したバルコニーのある和室から、桜がとても綺麗に見えることも確認できました。

柱や梁にはプレカット図に対応した、取り付け位置を表す名前がついています。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

事務所の材料サンプル置き場の整理をしました

事務所の材料サンプルや模型材料の置き場を整理しました。

材料サンプルは油断していると同じものあったり、模型材料は置き場がバラバラになっていたり・・・住まいと同じように、仕事場は様々な物が溢れてきやすいので、置き場を決めて整理整頓することが仕事をスムーズにする上で重要ですね。

>>関連ブログ2010.12.29 設計事務所の年末の「事業仕分け」

>>関連ブログ2013.8.4 模型達とのお別れ

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 日常 | タグ: , , | コメントする

ウッドデッキで気持ちのよいテラスを homifyに二つの住宅が掲載

建築やインテリアデザインのオンラインマガジン「homify(ホミファイ)」のウッドデッキで気持ちのよいテラスをという記事に、『しだれ桜と暮らす3世代の家』(木造2階建)と『蕨市のコートハウス』(木造2階建・SE構法)のデッキテラスが取り上げられました。

>>ウッドデッキで気持ちのよいテラスを

ウッドデッキを使ったテラスは、室内と室外との距離をぐっと近づけてくれます。住まいにウッドデッキを取り入れた事例がたくさん取り上げられていますので、ご興味ある方は、一度、サイトを覗いてみてください。


◼︎しだれ桜と暮らす3世代の家[木造2階建て、郊外型二世帯住宅]

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー しだれ桜と暮らす3世代の家

関連ブログ2016.5.1 しだれ桜と暮らす3世代の家 ドローンによる空撮動画

>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その1
>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その2
>>しだれ桜と暮らす3世代の家 竣工写真 その3


◼︎蕨市のコートハウス[木造2階建SE構法、都市型のコートハウス]

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 蕨市のコートハウス

>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその1
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその2
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその3

 

homify」はドイツ・ベルリンに拠点に置く、建築やインテリアデザインについてのオンラインマガジンで、日本版サイトもあります。

>>homifyのプロフェッショナルページ 設計事務所アーキプレイス

←前の記事 しだれ桜と暮らす3世代の家    次の記事→

←前の記事 蕨市のコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(完成済), しだれ桜と暮らす家, 蕨市のコートハウス, サイト・WEB掲載 | タグ: , , , , , | コメントする

建て方と上棟式 ミカンの木の育つ二世帯住宅 

ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)は、台風3号が駆け足で過ぎ去った後に広がった青空の下、建て方を行ないました。

この住宅の骨組みで一番難しい、急勾配の三角形状の骨組み部分。

プレカット業者の方がモックアップを作ってくれて検討した、急勾配の三角形の骨組み部分ですが、鳶さんと大工さんの連携で手加工の梁が無事に組み上がりました。

>>関連ブログ2017.6.8 プレカット業者の方と打合せ ミカンの木の育つ二世帯住宅

建物が折れ曲がる部分の手加工の小屋梁もきっちりと接合されました。

もう一つの三角形状の骨組みとなる西側の梁も最後に組み上がりました。

斜めの接合箇所が多い構造のため、建て方は夕方6時近くまでかかりました。

下げ振り(さげぶり)で傾きを確認しながら、柱の垂直を出して仮筋交いで固定します。

建て主の方は、骨組みが1日で立ち上がったことに驚かれていました。

 

四隅の柱に、お酒、塩、お米をまいて四方祓い。そのあと上棟式を行ない、みんなで工事の安全と建物の無事をお祈りました。

建て主の方の挨拶のあと、大工さんや鳶さんなど職人の方々の紹介を受け、乾杯し、最後は鳶さんの木遣(きやり)で締めました。

Hさんありがとうございました。工事関係者の皆さん、お疲れさまでした。引き続きよろしくお願いします。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 二世帯住宅, ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

塗装工事の色の打合せ 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の内装の塗装工事の色について、建て主の方と現場で打合せしました。

A4サイズの塗装サンプルを何枚も現場に用意して、他の色との相性をみながら慎重に決めていきます。

微妙な色(カラー)の相性を頭の中でイメージするには限界があるため、二つの色を実際に合わせて見比べてみる方法が、色の相性の良し悪しを判断するには一番よい方法です。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | タグ: , , | コメントする

『木立に佇む家』がhomifyの中国の記事に掲載されました

木立に佇む家』(木造2階建)が、homify(ホミファイ)の中国サイトの記事に掲載されました。

>>間被美麗大自然環繞的兩層樓居所

神秘的森林小居
這一個深褐色的全木造房子,在叢林之中就像一間小柴房一樣,跟大自然和諧地融合在一起,充滿了神秘感!

Google翻訳で中国語から日本語に翻訳しみると

神秘的な森の小さな家
これは、自然との調和の中で一緒に謎の完全な融合のような小さなwoodshedのようなジャングルの中で完全なダークブラウンの木製ハウスです!

謎の完全な融合のような」って・・・「神秘的」ですけど、そんな住宅ではないのですが・・・。

>>設計事務所アーキプレイスWEB Media Web・TV

  
  

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 木立に佇む家

>>木立に佇む家 竣工写真 その1
>>木立に佇む家 竣工写真 その2
>>木立に佇む家 竣工写真 その3

>>homifyのプロフェッショナルページ 設計事務所アーキプレイス

←前の記事 木立に佇む家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 木立に佇む家 | コメントする

建築知識8月号(2017) 入稿前の誌面をチェックをしました

建築知識8月号(7/20ごろ発売、(株)エクスナレッジ)の、入稿前の誌面チェックをしました。

世の中がいつのまにか変化しているように、「住宅設計のセオリー」も変化しています。建築知識8月号は、近年の傾向や間取りの変化にスポットを当てたもので、アーキプレイスの事例もいくつか取り上げられます。



>>関連ブログ2011.6.19 「建築知識」耐震改修事例の打合せ

>>関連ブログ2012.4.24 「最高にわかりやすいリフォーム・耐震改修の教科書」原稿チェック

>>関連ブログ2014.3.23 建築知識4月号 センスを磨く!高さ寸法のルール150に事例掲載

>>関連ブログ2016.7.20 建築知識8月号「 ・・・最新住宅設備の超実践ガイド」に事例掲載

>>設計事務所アーキプレイスWEB Media books


人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 日常 | タグ: , , | コメントする

建築家31会のトークショー・展示・相談会vol.25 at横浜赤レンガ倉庫 終了

横浜赤レンガ倉庫で3日間にわたり開催した建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)による家づくりイベント、「トークショー・展示・相談会vol.25 at横浜赤レンガ倉庫 には、多くの方にお越しいただきありがとうございました。

次回の建築家31会の家づくりイベントは、10月に新宿パークタワーで開催します。

建築家31会 展示・トークショー・相談会 vol.26 at新宿パークタワー
日時:2017年10月13日(金)~15日(日)
会場:新宿パークタワー1F・ギャラリー3(入場無料)
主催:建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)協同組合

詳細についてはこのブログやホームページでお知らせしていきます

>>建築家31会 ホームページ
>>同 石井正博+近藤民子 設計事務所アーキプレイスのページ
>>建築家31人×3works フェイスブックページ

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会・模型展, 建築家展・セミナー | タグ: , , , , , | コメントする

今日から建築家31会のトークショー・展示・相談会vol.25 が始まりました

建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)による家づくりイベント、「トークショー・展示・相談会vol.25 at横浜赤レンガ倉庫 6/30〜7/2」が今日から始まりました。


トークショー・展示・相談会vol.25 at横浜赤レンガ倉庫 「赤レンガで建築家と」

場所横浜赤レンガ倉庫1号館 2階  スペースA/B  ◆Map>>

日時:2017年6月30日(金)〜7月2日(日) 11:00~18:00(30日は12:00〜

主催:建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)協同組合

>>横浜赤レンガ倉庫1号館のHP 公演・イベント情報

この建築家との家づくりイベント、「トークショー・展示・相談会」設計事務所アーキプレイス(石井・近藤)もメンバーである『建築家31会』が主催し、建築家たち自ら企画・運営するもので、イベントでは建築家による「家づくりトークショー」や「家づくり相談(無料)」も行ないます。

設計事務所アーキプレイでは、光と色と音の集積の家独立した二世帯が集う家細長変形地の二世帯コートハウスBathhouseバスハウスの4つのプロジェクトを展示しています。

音楽スタジオ・ギャラリー・スペインタイル工房併設の都市型二世帯住宅
光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法
>>設計・工事経過ブログ 光と色と音の集積の家

ホームエレベータをつけた木造3階建の都市型二世帯住宅
独立した二世帯が集う家』(木造3階建・SE構法
>>設計・工事経過ブログ 独立した二世帯が集う家

建築家31会のイベントからスタートした現在進行形のプロジェクト
細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法
>>設計・工事経過ブログ 細長変形敷地の二世帯コートハウス

CERA TRADING・セラトレーディングと建築31会のよるコラボレーション展の時の提案
Bathhouseバスハウス

>>関連ブログ2017.2.17 建築家31会×CERA「Love! Bathroom vol.2」に参加します
>>関連ブログ2017.2.24 建築家31会×CERA「Love! Bathroom vol.2」開催中

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会・模型展, 建築家展・セミナー | タグ: , | コメントする

桜並木と暮らす家 屋根先端部の納まりとプレカット図

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)は、再来週の上棟に向けてプレカット図の最終チェックをしています。

屋根の先端部分には内樋が隠れていますが、詳細図を書いて納まりの細かな寸法を確認してから、構造体であるプレカット図の寸法を決めていきます。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , | コメントする

配置の確認(地縄確認) 細長変形地の二世帯コートハウス

先週末、地鎮祭と工事請負契約をした『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の配置の確認(地縄確認)に立ち会いました。


 

小雨が降る中の作業で、敷地境界に沿った斜めの壁もあるため、位置出しには意外に時間がかかりました。

>>これまでの設計経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , | コメントする

家づくりの専門家を探せるSUVACOに住宅事例を追加掲載しました

全国の家づくりの専門家や依頼先を探したり、注文住宅(一戸建て)やリフォーム・リノベーションの事例をたくさん見ることができる、住宅関連・家づくりの総合サイトSUVACO(スバコ)に、設計事務所アーキプレイスで家づくりをお手伝いした住宅事例を追加掲載しました。

家づくりやリフォーム・リノベーションなどにご興味がある方は、一度サイトをご覧いただくと、住まいのヒントが見つかるかもしれません。

>>住宅関連・家づくりの総合サイトSUVACO(スバコ)

>>SUVACO(スバコ) 設計事務所アーキプレイスのページ

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, サイト・WEB掲載 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

地鎮祭を行いました 細長変形地の二世帯コートハウス

週末、『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の地鎮祭を行いました。(6/24)

建て主の方は、昨年、横浜赤レンガ倉庫で開催した建築家31会(ケンチクカサンイチカイ)の家づくり展で出会った方で、計画地におばさまとの二世帯住宅(長屋形式)が計画できるのかどうか、その時の資金計画(住宅ローン)はうまくいくかのかどうか、クリアしながら進めてきたプロジェクトです。

間口が狭く細長い変形敷地は、三方向を住宅で囲まれていますが、建物の中央に外部空間を組み込むコートハウス形式にすることで室内の住環境を高め、プライバシーの守られた落ち着きのある完全分離型の二世帯住宅を計画しています。

>>これまでの設計経過 ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

地鎮祭は、この地に1100年以上前(平安 貞観年間)からある高田總鎭守氷川神社にお願いしました。

 

敷地には、旧宅の名残なのかミョウガやシソが元気良く生えていて、そのまわりにもたくさんの種類の植物(草という人もいる)が自生していました。

    

天気も良く、ピクニック気分?の子供さん。

近くに場所を移して、工事請負契約を取り交わしました。来週から工事がはじまりますが、完成まで気を引き締めて仕事にむ向かいたいと思います。


南北方向に長い狭小敷地ですが、お昼には敷地に影のない時間があり、室内への光の入り方が具体的にイメージできました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 建築家31会・模型展, 未分類, 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする

基礎立上りの配筋検査 ミカンの木の育つ二世帯住宅

ミカンの木の育つ二世帯住宅』の基礎立上りの配筋検査に、構造設計者の千葉さん(シエスタ)と行きました。(6/22)

基礎立上り時の検査では、基礎と柱や土台を緊結するアンカーボルトの種類や設置位置も確認します。ブルーのアンカーボルトは高耐力のアンカーボルトです。

鉄筋コンクリートの基礎の幅は15cmです。耐力壁で、室内側の合板を真壁納まりとする場所があり、受け材とホールダウン金物の干渉をさけるため、アンカーボルトは基礎の中心でなく外側に15mm偏芯させたところに設置しています。

基礎耐圧盤のコンクリートと基礎立上りのコンクリートの打ち継ぎ面には、雨水の浸入を防止するための止水材・KUNI SEAL(クニシール)をいれています。

>>建築止水材(シール材)KUNI SEAL(クニシール)/クニミネ工業株式会社

基礎立上りのスリーブ位置と大きさも確認します。

上の写真は耐圧盤打設前に入れたスリーブの写真ですが、耐圧盤を貫通するスリーブは将来の配管の交換がしやすいように基礎貫通キットを使ったさや管方式としています。

>>関連ブログ2011.8.23 住宅の基礎の設備配管 さや菅方式 基礎貫通キット

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 | タグ: , , , , , | コメントする

外壁左官仕上げ決定 光と色と音の集積の家

光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の外壁左官仕上げの色とテクスチャーが決まりました。

現場にA4サイズのサンプルを用意して、板張りの外壁との相性も確認しての最終決定。

サンプル左から、アイカ工業 ジョリパット インフィニティ∞ 水墨濃、水墨淡、岩肌(白)

建主の方は板張りとの相性から、一時、水墨濃と水墨淡のやめて岩肌(白)にすることも検討されましたが、アイカ工業の東京ショールームでより大きなサンプルをご覧になられて、水墨濃と水墨淡と岩肌(白)の組み合わせに決定されました。

>>アイカ工業 東京ショールーム(東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル22階)

 

左官仕上げの外壁は下地材の施工まで終わり、これから下地となるモルタル塗っていきます。

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 | タグ: , , , , , | コメントする

基礎立上りの配筋検査 桜並木と暮らす家

桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の工事現場では、先週のコンクリート打設が終わった基礎耐圧盤の上に、基礎立上りの鉄筋やアンカーが施工され、型枠が組まれました。

最近は、スチール型枠で施工されれことが割合的に多くなりました。

基礎の幅(型枠間の寸法)は15センチメートル。止水用のKUNI SEAL(クニシール)(粘土状のグレー)が設置されていることも確認。
>>建築止水材(シール材)KUNI SEAL(クニシール)/クニミネ工業株式会社

基礎立上り部分には、電気や給排水設備用のスリーブ(型枠の間に3つ見えるもの)が設置されています。

規定の鉄筋の「かぶり厚さ」が不足する部分をどうするか相談。

室内に支障がないので、型枠をずらして「かぶり厚さ」を確保することになりました。

「かぶり厚さ」とは:鉄筋表面からコンクリート表面までの距離のこと。鉄筋コンクリートは、コンクリートのアルカリ性によって鉄筋が錆びる(酸化)ことを防いでいます。しかし、コンクリートは水や空気にふれることによって、年月とともに表面から徐々に中性化していき、鉄筋の腐食を防せぐ能力が失われていきます。「かぶり厚さ」は鉄筋コンクリート造の基礎にとって、強度面だけでなく耐久性の面からも重要なチェック項目です。



【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 | タグ: , , , | コメントする

テラスとベランダの違いとは? @homify 蕨市のコートハウス

オンラインマガジン「homify」の「テラスとベランダの違いとは? 屋外スペース用語とそれらの違い」という記事で『蕨市のコートハウス』のテラスが紹介されています

テラス、バルコニー、縁側、デッキ、デッキテラス、コート、ベランダ・・・住宅の屋外スペースを表す言葉はいくつもありますが、それらの違いをきちんと説明することは難しく、時に誤解を生んでしまうこともあります。今回の「homify」の記事では、そんな屋外スペースを表す言葉の違いについて分かりやすく書かれています。ご興味ある方は、ぜひ一度読まれることをお勧めします。

>>テラスとベランダの違いとは? 屋外スペース用語とそれらの違い@homify 

◼︎蕨市のコートハウス

>>パティオのある家で贅沢なひと時@homify

>>落ち着ける!自然を身近に感じられる20軒の家!

>>コートハウスで都会の暮らしも快適に!その特徴とメリット

>>お庭リビング!木漏れ日を感じるコートハウス

homify(ホミファイ)」はドイツ・ベルリンに拠点に置く、建築やインテリアデザインについてのオンラインマガジンで、日本版サイトもあります。

>>homifyのプロフェッショナルページ 設計事務所アーキプレイス

>>設計事務所アーキプレイスWEB Media Web・TV

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 蕨市のコートハウス

>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその1
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその2
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその3

 

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 蕨市のコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 蕨市のコートハウス, サイト・WEB掲載 | タグ: , , , , , , | コメントする

確認済証がおりました 細長変形地の二世帯コートハウス

先月、5/25日に確認審査機関に提出した『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の確認申請は、確認審査機関、行政、消防署のチェックも終わり、なんとか予定の6/16日(金)に審査が終了し確認済証がおりました。


 

上が、建築基準関係規定に適合していることを証明する「確認済証」です。下が審査に提出する図面や申請書(第1〜6面)などの書類です。

夕方、建て主の方と、工事を依頼することになった施工会社の事務所に行き、工事請負契約の内容や最終金額、支払い条件、地鎮祭、工事スケジュールのことなどを打合わせしました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス | タグ: , , , , | コメントする