建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫 終了

横浜赤レンガ倉庫で開催した建築家とつくる住宅展 vol.31には、3日間で400名を超える多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。

 

トークショー「みんなが気になる検索キーワード」では、石井が「傾斜地」について、メリット・デメリットや計画時の注意点や設計の工夫についてお話ししました。お話しした内容は、近日、このブログでまとめて見ようと思います。

>>関連ブログ2019.5.17 今日から始まりました。建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫

◆今後は、自由が丘、麻布、吉祥寺などで31会メンバーによる分科会のイベントを開催予定で、大きな会場とは一味違う小さなスペースで、新たな試みも盛り込んだ楽しいイベントを模索しています。

詳細についてはこのブログやホームページでもお知らせしていきます。

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)ホームページ

>>同 石井正博+近藤民子 設計事務所アーキプレイスのページ

>>建築家31会 Facebookページ

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>archiplacejapan Instagram

 

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会, 建築家展・セミナー | 建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫 終了 はコメントを受け付けていません。

今日から始まりました。建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫

今日から、建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)の2019春のイベント、
「建築家とつくる住宅展 vol.31  at横浜赤レンガ倉庫 が始まりました。(〜5/19)

象の鼻公園から横浜赤レンガ倉庫を見る。

右側がイベント会場のある1号館。

建築家とつくる住宅展 vol.31   at横浜赤レンガ倉庫

場所横浜赤レンガ倉庫1号館 2階  スペースA/B  ◆Map>>

日時:2019年5月17日(金)〜19日(日) 10:00~18:00(17日は12:00〜18:00

主催:建築家31会協同組合

>>横浜赤レンガ倉庫1号館のHP 公演・イベント情報

このイベント「建築家とつくる住宅展設計事務所アーキプレイス(石井・近藤)もメンバーである『建築家31会』が主催し、建築家たち自ら設計監理した住宅や建物の写真と模型を展示し、家づくりやリフォームの相談にもお答えするもので、トークショーやワークショップもあります。

住まいの新築やリノベーションなどをお考えの方に、設計事務所をもっと身近に感じていただければ思います。理想の暮らし方を見つけ、夢の住宅をつくり上げるには、家づくりの良きパートナーを見つけることが大切です。色々な個性を持った設計事務所が集まっていますので、ご興味がある方はぜひお越しください。

 

設計事務所アーキプレイスでは、次の3つの住宅の模型と、建築家31会で出会った家『細長変形地の二世帯コートハウス』、それからCERA TRADING・セラトレーディングとのコラボレーション企画『バスルームに暮らす〜Love Bathhouse』の模型を展示しています。

◼︎独立した二世帯が集う家二世帯住宅

玄関を共有した二世帯住宅で、各世帯がプライバシーを尊重しつつ、落ち着いて暮らせる住まいです。
ホームエレベータを設けて、家に長く居る親世帯を3階に、共働きで平日の昼間は家にいない子世帯を1、2階に計画。1年を通して陽当たりがよく視界が開けた南角に各世帯のLDKを配置しました。2階子世帯のリビングには、アイランドキッチンとベンチを造りつけた大人数が集まれるダイニングスペースがあります。各世帯はお互いのプライバシー尊重しながら、物干しテラスの外部吹抜けを通してお互いの気配を感じることもできるほどよい距離感を作っています。また、長くこの街に暮らしてこられたご両親が、3階に生活スペースが移っても、近隣の方と今まで通り交流がもてるように、玄関横のポーチには庭いじりのできる小庭を設け、ゆっくり話もできるようにベンチを造りつけています。
 

◼︎桜並木と暮らす家/桜の眺望を楽しめる家/子育て世代の住宅/大きなテラスのある家

敷地は都内の区画整理された閑静な住宅街にあり、隣にはご両親やご親戚のお住まいがあります。
道路に大きく枝を張った桜並木の景色を室内に取り込み、一年を通した自然の変化をより身近に感じながら暮らしていける、子育て世代4人家族のための住宅です。
2階に設けたワンルームのLDKには、ご主人のこだわりのつまったオリジナルキッチンがあり、ウッドデッキの南テラスとともに、ご家族や親しい人たちと一緒に食事やバーベキューを楽しむこともできる住まいになっています。
 

◼︎それぞれの大切に犬猫と暮らすコートハウス/コートハウス/中庭のある住宅/ペットと暮らす家

「機能・効率性が高く、収納や動線に無駄がなく、家族それぞれの趣味や時間を大切にしながら、ペット(犬・猫)とともに暮らす居心地の良い住まい」を家づくりのテーマとした4人家族と猫4匹と犬一匹の住宅。建物は開発された住宅地の今後変化していく周辺環境に対応できるように、プライバシーの守られた中庭に開いて光や風を取り込むコートハウスです。安心してペットを遊ばせられる中庭には古木オリーブが植わり、開放感とともに豊かな時間を日々の生活にもたらしてくれます。2階にはリビングからも様子がわかる猫テラスがあり、ペットも家族もそれぞれのお気に入りの場所でも楽しく暮らせる住まいになっています。
 

◼︎細長変形地の二世帯コートハウス/建築家31会で出会った家

◼︎「Love Bathhouse roomからhauseへ バスルームに暮らす!

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)ホームページ

>>同 石井正博+近藤民子 設計事務所アーキプレイスのページ

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)Facebookペ

>>archiplacejapan Instagram

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

保存保存

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会, 建築家展・セミナー | 今日から始まりました。建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫 はコメントを受け付けていません。

それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その3

今年(2019)3月末にお引き渡しした、ペット暮らす中庭のある家『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』の竣工写真 その3。

敷地面積:247.44m2(74.85坪)  建築面積:146.92m2(44.44坪)  延床面積:185.96m2(56.25坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:構造設計スタジオ シエスタ  施工:かしの木建設株式会社  床暖房:イゼナ・アクアレイヤー  バスコート植栽:TOKUZOU
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

2階から階段を見下ろす。  床フローリングの種類を部屋毎に変えている。[AP]

 

階段と通路の手すりディテール  スチール16角のシンプルな形状にフェロドール塗装仕上げ

 

[左]2階の階段降り口部分

[右]猫テラスには2階の通路から直接出ることができる。[S.Osawa]

子供室1  窓上に本棚を造付け。床はマルチウォールナット(東京工営)[S.Osawa]

>>関連ブログ2018.3.13 基本設計終盤 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

 

[左]屋根がかかった猫テラス

[右]猫テラス面した子供室2  床は無垢のローズウッド(東京工営)

猫テラス  下部の窓からLDKの様子が見える。  上部の猫の脱走防止のファイバーグレーチングを通して光と風が入る。

LDK夕景  中庭側の間接照明が全体を柔らかく照らす。間接照明の下にはハニカムスクリーンが隠れている。

>>関連ブログ2018.6.13 照明・電気設備などの打合せ それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

1階全面はペットにも優しい低温の床暖房(水蓄熱床暖房アクアレイヤー)で、窓際の床スリットからも床下に仕込んだエアコンで温められた空気が上がってくる。天井には室内の空気を循環させるシーリングファンをつけている。

>>関連ブログ2018.11.29 アクアレイヤー施工中 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

LDK夕景  中央は家族で使うワークスペース

LDK夕景 アイランドキッチンはダウンライトで照らされる

>>関連ブログ2018.6.6 住宅の照明計画の打合わせにパナソニックリビングショールーム東京へ

LDK夕景 間接照明や要所のダウンライトは調光できるようにしている。

中庭からLDKを見る

中庭夕景

ファイバーグレーチングを通して中庭を見る

 

[左]自転車置き場

[右]アプローチのスロープを見る

中庭の見下ろし夕景  中央上は猫テラスのファイバーグレーチング。

夕景 外観

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その1
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その2
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)
■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 中庭・コートハウス

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), Works, それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス, 木造(W・在来工法), 郊外型住宅, 中庭・コートハウス, 完成写真[住宅事例ほか]ALL | それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その3 はコメントを受け付けていません。

それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その2

今年(2019)3月末にお引き渡しした、ペット暮らす中庭のある家『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』の竣工写真 その2。

敷地面積:247.44m2(74.85坪)  建築面積:146.92m2(44.44坪)  延床面積:185.96m2(56.25坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:構造設計スタジオ シエスタ  施工:かしの木建設株式会社  床暖房:イゼナ・アクアレイヤー  バスコート植栽:TOKUZOU
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

LDK キャットステップのある壁側を見る。下は左からベンチ、ワインセラー置き場、ワークスペース、食器・家電収納が並ぶ。[S.Osawa]

キャットステップは2階の猫テラスのレベルまで繋がる。家族の座るベンチの下の横格子は開閉でき、犬のトイレ+就寝+食事スペースになっている。[AP]

>>関連ブログ2018.1.9 お住まいの様子を拝見 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

正面はAVカウンター収納で、天井からは100インチのプロジェクター用のスクリーン(電動)が降りてくる。  家具のように見える右は仏壇入れ、左は奥様での部屋の出入り口となっている。[AP]

>>関連ブログ2019.3.26 お引き渡し それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

アイランドキッチンと背面の食器・家電収納[S.Osawa]

LDKのアイランドキッチンを見る。キッチン背面の食器・家電収納家具の上も猫のいける場所で、キャットステップで高窓の位置まで上がることができる。[S.Osawa]

 

[左]キッチンに隣接するパントリーを見る。左の凹みは冷蔵庫置き場。[AP]

[右]勝手口からパントリーを見る。郵便の受け取りもここでできる。[AP]

ご主人の寝室は中庭とバスコートに面している。[AP]

 

[左]右は造付けのクローゼットで奥に書斎コーナーがある。正面の引き戸を開けるとガレージ。[S.Osawa]

[右]書斎コーナー プリンター台や書棚をシナランバー合板で造作しフェイバリットカラーに着色。[S.Osawa]

>>関連ブログ2019.2.12 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス サンプルでの家具の色決め

パウダールーム  二人同時に使える広さで椅子に座って化粧もできる。[S.Osawa]

パウダールームからは中庭も見える。 間接照明を仕込んだ鏡扉(三面鏡)のメディシンボックス。[AP]

 

[左]壁で囲まれたバスコートにはチャート石が敷き詰め、ハイノキを植えている。右はバスルームの出窓。[AP]

[右]脱衣・洗濯室から壁をタイルで仕上げたハーフユニットのバスルームを見る。[S.Osawa]

バスルームの横長の出窓からバスコートの植栽が見える。[AP]

>>関連ブログ2019.4.9 中庭の床とバスコートの植栽が完成

 

[左]廊下 右側は猫トイレを3つ置くカウンター収納と吊り戸棚。小型犬(チワワ)の誤食を避けるため、カウンターは床から50センチの高さにしている。[S.Osawa]

[右]猫トイレの向かいにあるトイレ。  天井に間接照明を仕込んでいる。[S.Osawa]

 

[左]本好きの奥様のための隠れ家的な寝室。[S.Osawa]

[右]防犯に考慮しつつ光を抑え気味の高窓で採光。[S.Osawa]

大工工事で作った、床から天井までのシナランバーの本棚。[S.Osawa]

>>関連ブログ2019.2.1 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 3月末のお引渡しに向けて

 

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その1
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その2
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)
■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 中庭・コートハウス

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), Works, それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス, 木造(W・在来工法), 郊外型住宅, 中庭・コートハウス, 完成写真[住宅事例ほか]ALL | それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その2 はコメントを受け付けていません。

それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その1

今年(2019)3月末にお引き渡しした、ペット暮らす中庭のある家『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』の竣工写真 その1。

「家族それぞれの趣味と時間を大切にしながら、ペットとともに暮らす、機能的で居心地の良よい住まい」を家づくりのテーマとした4人家族とペット(犬・猫4匹)の住まいです。
敷地は周辺の変化が予想される開発された住宅地にあります。計画ではプライバシーの守られた中庭に開いたコートハウスとすることで、将来にわたって居住環境が守られた生活を続けていくことを可能にしました。
古木オリーブを植えた中庭は、開放感とともに日々の暮らしに豊かな時間をもたらしてくれる場所で、2階の猫テラスとともにペットの遊び場にもなっています。好きな本やペット、映画や釣りなど、家族それぞれの趣味やライフスタイルを活かした住まいになっています。

敷地面積:247.44m2(74.85坪)  建築面積:146.92m2(44.44坪)  延床面積:185.96m2(56.25坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:構造設計スタジオ シエスタ  施工:かしの木建設株式会社  床暖房:イゼナ・アクアレイヤー  バスコート植栽:TOKUZOU
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

道路側外観  左はインナーガレージ[S.Osawa]

建物入り口を見る  左からインナーガレージ、自転車置き場、玄関ポーチ[S.Osawa]

道路側の白い外壁は左官下地の上、光触媒塗料吹付(オプティマス)[AP]

>>関連ブログ2018.12.14 左官外壁部分の下地 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

玄関ポーチへのアプローチ  買い物カートも押せるようにスロープになっている。正面の木はコハウチワカエデ。[AP]

 

[左]玄関ポーチ スチールの玄関扉は耐候性の高い塗装(長期防食MIO塗料)仕上げ。[S.Osawa]

[右]正面にはポスト口とドアホンと傘掛け。 右側は勝手口に繋がる。[S.Osawa]

>>関連ブログ2018.1.15 玄関スチール扉のフェロドール塗装 細長変形地の二世帯コートハウス

玄関 床はタイル仕上げ。正面は下足などの壁面収納  フローリングとタイルの境にはスリットがあり床下からの温風が出る仕掛け。[S.Osawa]

>>住宅の玄関の床仕上げ タイル・石 (2011.1.14ブログ)
>>住宅の玄関の床仕上げ モルタルと洗い出し(2011.1.17ブログ)

玄関から玄関ポーチを見る。 両側のガラス窓から自然光が入る。[S.Osawa]

LDK 中庭に面して大きな開口がある。奥の高窓からは2階の猫テラスが見える。[S.Osawa]

LDK アイランドキッチン側を見る 天井が高く(3.4〜4.0m)高窓からも光が入る。[S.Osawa]

アイランドキッチンから中庭側を見る  レンジフードは片持ちで支えている。[S.Osawa]

LDK 中庭側を見る  窓上のカーテンボークスには電動のハニカムスクリーンが収まり間接照明にもなっている。[S.Osawa]

>>関連ブログ2019.3.26 お引き渡し それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

中庭  正面の自転車置き場側は風が通るように外に抜けている。

コンクリート平板(600×600)の床面は水平で、雨水は平板の隙間から下に落ちて排水される仕組み[AP]

>>関連ブログ2018.6.11 乾式床仕上げ工法(PFシステム) それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

自転車置き場からファイバーグレーチングの格子(猫脱走防止用)を通して中庭を見る。[AP]

中庭には、各部屋から見えるように古木オリーブをシンボルツリーとして植えている。[S.Osawa]

>>関連ブログ2019.3.5 中庭の古木オリーブ それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

古木オリーブがコンクリート平板に様々な影を落とす。[AP]

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー ミカンの木の育つ二世帯住宅

>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その1
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その2
>>それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)
■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 中庭・コートハウス

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), Works, それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス, 木造(W・在来工法), 郊外型住宅, 中庭・コートハウス, 完成写真[住宅事例ほか]ALL | それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス 竣工写真 その1 はコメントを受け付けていません。

建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫 のお知らせ

建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)の2019春のイベント、
「建築家とつくる住宅展 vol.31  at横浜赤レンガ倉庫 5/17(金)〜5/19(日)」に参加します。

建築家とつくる住宅展 vol.31   at横浜赤レンガ倉庫

場所横浜赤レンガ倉庫1号館 2階  スペースA/B  ◆Map>>

日時:2019年5月17日(金)〜19日(日) 10:00~18:00(17日は12:00〜18:00

主催:建築家31会協同組合

>>横浜赤レンガ倉庫1号館のHP 公演・イベント情報

このイベント「建築家とつくる住宅展設計事務所アーキプレイス(石井・近藤)もメンバーである『建築家31会』が主催し、建築家たち自ら設計監理した住宅や建物の写真と模型を展示し、家づくりやリフォームの相談にもお答えするもので、トークショーやワークショップもあります。

住まいの新築やリノベーションなどをお考えの方に、設計事務所をもっと身近に感じていただければ思います。理想の暮らし方を見つけ、夢の住宅をつくり上げるには、家づくりの良きパートナーを見つけることが大切です。色々な個性を持った設計事務所が集まっていますので、ご興味がある方はぜひお越しください。

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)ホームページ

>>同 石井正博+近藤民子 設計事務所アーキプレイスのページ

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)Facebookペ

>>archiplacejapan Instagram

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

保存保存

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会, 建築家展・セミナー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , | 建築家とつくる住宅展 vol.31 at横浜赤レンガ倉庫 のお知らせ はコメントを受け付けていません。

大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その2

今年(2019)3月にお引き渡しした2住戸の賃貸住宅『大きなテラスの小さな賃貸住宅』の竣工写真 その2。

敷地面積:100.91m2(30.52坪)  建築面積:39.20m2(9.35坪)  延床面積:64.03m2(19.36坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:ポラテック  施工:(株)小山工務店  外構:セキスイデザインワークス   
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

2階の住戸へは専用の螺旋階段で上がる。玄関はタイル貼で自転車も置けるようになっている。[S.Osawa]

玄関には北側の窓から光が入る。[S.Osawa]

 

[左]螺旋階段詳細[AP]

[右]螺旋階段を上がり引き戸を開けると2階住戸のDK+寝室[S.Osawa]

2階住戸のDK+寝室はワンルームの空間。床と天井はラワン合板を張ったラフな仕上げ。右奥に階段入り口。[S.Osawa]

南側に大きな窓がある。窓上部には間接照明を組み入れたカーテンボックス[S.Osawa]

外に専用テラスのある東側を見る。左に水回りへの入り口が見える。[S.Osawa]

2階の住戸の専用テラスには外用のシンクがある[S.Osawa]

DK+寝室の北側を見る。ミニキッチン(IH)はW1200×D600[S.Osawa]

 

[左]トイレ 片側の壁はアクセントの色をつけた壁で便器は手洗付き[S.Osawa]

[右]浴室 1216サイズのユニットバスでプライバシーの守られた窓付き[S.Osawa]

 

[左]洗面室 化粧鏡と洗面カウンターと洗濯機置き場[S.Osawa]

[右]階段室の天井までラワン合板仕上げ[S.Osawa]

ワンルームのDK+寝室は、カーテンで寝室エリアを仕切れるようになっている。[AP]

>>関連ブログ2019.3.20 カーテン工事の立ち会い 大きなテラスの小さな賃貸住宅

 

[右]カーテンを閉めたところ[AP]

[右]階段出入り口からテラス側を見る[AP]

床のラワン合板は糸面取りで突きつけウレタン塗装で仕上げている。[AP]

2階住戸の専用テラスの夕景 外用シンク横に浴室の窓が見える[AP]

東側外観夕景 住戸内は道路の歩行者から見えにくくなっている。[S.Osawa]

南東側外観夕景[S.Osawa]

南側外観夕景[S.Osawa]

>>これまでの設計・工事経過  →ブログカテゴリー 大きなテラスの小さな賃貸住宅

>>大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その1
>>大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その2

■Works 完成写真[事例写真] 賃貸併用住宅

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

設計事務所アーキプレイスでの賃貸併用住宅・長屋建て住宅・共同住宅の事例】

明大前の賃貸併用二世帯住宅大きなテラスの小さな賃貸住宅細長変形地の二世帯コートハウス緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅VILLA K

    

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), Works, 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区), 木造(W・在来工法), 完成写真[住宅事例ほか]ALL, 賃貸併用住宅 | タグ: , , , , , , , , , | 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その2 はコメントを受け付けていません。

大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その1

今年(2019)3月にお引き渡しした、2住戸の賃貸住宅『大きなテラスの小さな賃貸住宅』の竣工写真 その1。

駐車スペースとして使われていた三角形の敷地に建てた2住戸の賃貸住宅(アパート)。敷地の北側には同じオーナーの賃貸住宅(アパート)があり、その日当たりなどの居住環境を損なわない計画が求められました。斜線制限と日影を検討しながら、高低差のある敷地の傾斜を活かして、ほぼ同じ大きさの1階と2階のボリュームを横にずらして重ねて、1階の住戸は東側に開き、2階の住戸は南側に開いたプランとしました。2つの住戸にはそれぞれに大きな外部空間(テラス)を設け、都会の密集地でありながらアウトドアの生活を楽しめるという魅力を賃貸住宅に加えています。

敷地面積:100.91m2(30.52坪)  建築面積:39.20m2(9.35坪)  延床面積:64.03m2(19.36坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:ポラテック  施工:(株)小山工務店  外構:セキスイデザインワークス   
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

南側外観 1階は窯業系サイデイング、2階はカラーベスで外壁の色とテクスチャーを変えている。[S.Osawa]

>>関連ブログ2019.2.16 大きなテラスの小さな賃貸住宅 窯業系サイディングとカラーベスト

傾斜した土地の低い側に1階のテラスがある。[S.Osawa]

>>関連ブログ2018.10.17 施工図チェックと遣り方 大きなテラスと小さな賃貸住宅

既存の賃貸アパートとの間には常緑樹(常緑ヤマボウシ)と落葉樹(アオダモ)を植えている。[AP]

>>関連ブログ2018.4.14 2回目の外構打合せ 大きなテラスの小さな賃貸住宅

南西側外観 屋根は既存の賃貸アパート側(北側)を低くした傾斜屋根。[S.Osawa]

傾斜した敷地の高い側に設けた建物の入り口。[S.Osawa]

>>関連ブログ2018.11.5 基礎耐圧盤の配筋検査 大きなテラスの小さな賃貸住宅

 

[左]階壁から浮かせて取り付けた陶板の表札。[AP]

[右]2住戸の賃貸の共用ポーチの壁には宅配ボックスとポストを埋め込んでいる。[AP]

 

[左]1階住戸の玄関[S.Osawa]

[右]通路から玄関を見返す。左にある階段を降りるとDK+寝室[S.Osawa]

通路から60センチ床が下がったDK+寝室を見る。 奥に専用のテラスが見える。[S.Osawa]

DK+寝室の天井は2.7mと高くなっている。[S.Osawa]

DK側から寝室側を見る。左にウッドフェンスで囲ったテラスが見える。[S.Osawa]

寝室側からDK側を見る。右に通路への階段が見える。[S.Osawa]

 

[右]テラスは約1.9mの高さのウッドフェンス(メルパウ材(105×30))で囲っている。[S.Osawa]
[右]窓越しにウッドフェンスとシンボルツリーを見る[AP]

DK+寝室から通路側(引き戸を閉めたところ)を見る。[S.Osawa]

DK+寝室はコンパクトに折りたためるパネル間仕切り(アコウォール/タチカワブラインド)で仕切ることができる。[AP]

 

[左]洗面室を通して浴室(UB1216)を見る。[S.Osawa]

[右]トイレ。収納とニッチ付き。[S.Osawa]

>>これまでの設計・工事経過  →ブログカテゴリー 大きなテラスの小さな賃貸住宅

>>大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その1
>>大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その2

■Works 完成写真[事例写真] 賃貸併用住宅

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

設計事務所アーキプレイスでの賃貸併用住宅・長屋建て住宅・共同住宅の事例】

明大前の賃貸併用二世帯住宅大きなテラスの小さな賃貸住宅細長変形地の二世帯コートハウス緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅VILLA K

    

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), Works, 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区), 木造(W・在来工法), 完成写真[住宅事例ほか]ALL, 賃貸併用住宅 | タグ: , , , , , , , , | 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) 竣工写真 その1 はコメントを受け付けていません。

ホームページのWorks/BUILDINGSに『大きなテラスの小さな賃貸住宅』アップ

設計事務所アーキプレイスのホームページのWorks/BUILDINGSに、

大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)』の

竣工写真と概要をアップしました。

大きなテラスの小さな賃貸住宅』[木造2階建在来工法の共同住宅]は、

駐車スペースとして使われていた三角形の敷地に計画した賃貸住宅で、

北側のアパートへの日当たりを損なわない計画が求められました。

東側に開いた1階住戸と南側に開いた2階住戸を、

斜線制限と日影を検討しながら、

敷地の傾斜を活かして横にずらして重ねた構成とし、

各住戸にはアウトドアの生活を楽しめるプラスαの魅力(大きなテラス)を加えています。

>>これまでの設計・工事経過  →ブログカテゴリー 大きなテラスの小さな賃貸住宅

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区), サイト・WEB掲載 | ホームページのWorks/BUILDINGSに『大きなテラスの小さな賃貸住宅』アップ はコメントを受け付けていません。

鋼管杭による地盤補強工事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家

囲んだテラスに開いた2階リビングの家』(鉄骨造3階建て・耐火構造)の地盤補強工事の試験杭(1本目)を構造設計の千葉さんと確認しました。


 

この住宅(鉄骨造3階建て)の地盤補強はHGサービス(エイチ・ジー・サービス)株式会社のアルファフォースパイル工法で、鋼管杭による地盤補強です。鋼管径139.8mm(厚4.5mm)翼径350mm(厚12mm)、長さ6.0mの杭を地面に33本打ちます。

>>関連ブログ2015.5.15 地盤改良工事立ち会い 独立した二世帯が集う家

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

 

設計事務所アーキプレイスでの鉄骨造住宅の事例】

囲んだテラスに開いた家阿佐ヶ谷の家風が吹抜ける家千駄木の家白山の家空に向かって開いた家

 
    

←前の記事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 未分類, 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 | 鋼管杭による地盤補強工事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 はコメントを受け付けていません。

houzzのItaly・イタリアでしだれ桜と暮らす3世代の家が紹介

houzz・ハウズのItaly・イタリアのEsistono Almeno 13 Alberi da Frutta con Fiori Meravigliosiという記事に、設計事務所アーキプレイスで家づくりをお手伝いした『しだれ桜と暮らす3世代の家』が使われました。

>>Esistono Almeno 13 Alberi da Frutta con Fiori Meravigliosi

イタリアの女性のランドスケープデザイナーの記事をです。
Google翻訳してみました。

←前の記事 しだれ桜と暮らす3世代の家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(完成済), しだれ桜と暮らす家, サイト・WEB掲載 | houzzのItaly・イタリアでしだれ桜と暮らす3世代の家が紹介 はコメントを受け付けていません。

鉄骨業者さんと打合せ 囲んだテラスに開いた2階リビングの家

囲んだテラスに開いた2階リビングの家』(鉄骨造3階建て・耐火構造)は、構造設計の千葉さんと一緒に、施工会社の関口工務店さん、鉄骨業者さん、地盤補強業者さんと打合せしました。

鉄骨の施工図が鉄骨業者さんから出てきたので、構造設計者の考え方と食い違いがないか、意匠との関係が問題ないか、形状や作り方で分かりにくい部分を一つひとつ確認しました。

世の中的に品不足で入荷が遅れている「高力ボルト」について心配していましたが、全体スケジュールに影響を及ぼさない時期に入手できそうで少しほっとしました。

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

 

設計事務所アーキプレイスでの鉄骨造住宅の事例】

囲んだテラスに開いた家阿佐ヶ谷の家風が吹抜ける家千駄木の家白山の家空に向かって開いた家

 
    

←前の記事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 | タグ: , , , , , , , | 鉄骨業者さんと打合せ 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 はコメントを受け付けていません。

家づくり週末相談会 4/20(土)/建築家31会 @渋谷区本町・初台・幡ヶ谷

東京・神奈川・埼玉、それぞれの地域の建築家の持ち回りで、週末に開催している
建築家31会」の家づくり週末相談会のご案内です。

家のこと、土地のこと、リノベーションのこと、注文住宅のこと
住まいや建築にまつわる諸々、、、
気軽に相談できる、無料の相談会です。

来週末4/20(土、13時〜17時)は、
設計事務所アーキプレイス/石井正博+近藤民子が担当します。
所在地:東京都渋谷区本町1丁目20-2パルムハウス初台301
(京王新線 幡ヶ谷駅より徒歩3分。甲州街道に面した1Fに不動産会社の入ったビルの3F)
Tel:03-3377-9833

        

予約制となっておりますので、ご興味のある方は、
「週末相談会希望」と明記の上
info@kenchikuka31.net まで、下記の情報を添えてご連絡ください。

・お名前(ふりがな)
・ご住所
・電話番号(当日の連絡が取れる番号)
・希望日時(3/17(土)13~17時の間のご希望の時間)
・希望建築家名(設計事務所アーキプレイス/石井正博+近藤民子と記載ください)
・相談内容(概略でも結構です)

※ご予約は前日4/19(金)の正午までにお願い致します。
※当日の飛び込みに関しましては、直接、設計事務所アーキプレイス
(Tel:03-3377-9833)までご連絡ください。
直前の場合、ご予定が合わない状況もありえますが、その場合にはご容赦ください。

ご連絡頂いた方には、折り返しご連絡をさせていただきます。

家づくり週末相談会を行う設計事務所アーキプレイス[東京都渋谷区本町1丁目20-2パルムハウス初台301]の場所は、京王新線の幡ヶ谷駅と初台駅の間、甲州街道に面した1Fに不動産会社の入ったビルの3階です。

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 建築家31会, 渋谷区本町・初台・幡ヶ谷, 建築家展・セミナー | 家づくり週末相談会 4/20(土)/建築家31会 @渋谷区本町・初台・幡ヶ谷 はコメントを受け付けていません。

OZONE監理レポート それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

OZONE家designの建築家コンペからはじまり、先日お引き渡しが終わった『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』。

工事監理中に段階ごとに提出していたOZONE監理レポートを、写真入りでまどめてファイル化し、建て主の方にお渡ししました。

OZONE監理レポートのファイルには、主な材料のお手入れ方法(メンテナンス方法)も一緒に入れました。

>>これまでの設計・工事経過  →それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>関連ブログ2019.3.19 OZONE引渡し前確認 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

設計事務所アーキプレイスでのOZONE(オゾン)家design旧OZONE家づくりサポート)の事例】

それぞれの時間を大切に猫と暮らす二世帯住宅』『ミカンの木の育つ二世帯住宅』『独立した二世帯が集う家』『くるりのある家』『猫と暮らす中庭のある家』『空と暮らす家(スキップフロア)』『東京タワーと桜に見える家』『木立に佇む家』『クスノキのある場所(住宅)  (クリニック)』『阿佐ヶ谷の家』『風が吹抜ける家』『宙を囲む家』『高窓の家』『代沢の家』『囲まれた家』『南の空に向かって開いた家』『夏ツバキの家』『ひかりの家

  独立OZONEサムネイル くるりOZONEサムネイル 猫と暮らOZONEサムネイル 木立にOZONEサムネイル

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス | タグ: , , , , , , | OZONE監理レポート それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス はコメントを受け付けていません。

隣地ブロック塀の転倒防止対策 大きなテラスの小さな賃貸住宅

先日、完成した『大きなテラスの小さな賃貸住宅』には、隣地境界にお隣のブロック塀が建っています。地震時にそのブロック塀がこちら側に倒れてこないように、転倒防止対策の工事を行いました。

H-100×100××6×8の支柱を建て、L-65×65×6のアングルを横に流しています。

自分の敷地内であればブロック塀にボルトなどで固定しますが、隣地の所有物なので少しだけ隙間を開けています。

根元はコンクリートの基礎で固定。

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

 

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) | 隣地ブロック塀の転倒防止対策 大きなテラスの小さな賃貸住宅 はコメントを受け付けていません。

中庭の床とバスコートの植栽が完成

工事が残っていた『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』の中庭(コート)のコンクリート平板の床とバスコートの植栽が完成し、確認にいきました。

>>関連ブログ2018.6.11 乾式床仕上げ工法(PFシステム) それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

バスコートの植栽はハイノキで、床は防草シートの上にチャート石敷きつめ。

チャート石(愛知県産)は茶色をベースに緑、グレーなど混ざり合っていて、小さすぎず大きすぎない3~5cm程度の歩ける大きさです。

ハイノキには蕾がいっぱい付いていて、これから白い花が咲きます。

バスコートからの見え方を確認し、照明(アッパーライト)もセッテイングしました。

>>これまでの設計・工事経過  →それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>archiplacejapan Instagram

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

  s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 樹木・植栽・緑, それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス | タグ: , , , , , , , , | 中庭の床とバスコートの植栽が完成 はコメントを受け付けていません。

建築物不燃化助成手続きと防火対象物使用開始届出書

大きなテラスの小さな賃貸住宅』は、杉並区が進めている「建築物の不燃性の向上と災害に強いまちづくり」のなかで「住宅市街地総合整備事業整備地区」(←わかりにくい名称ですが不燃化を促進したい地区)に指定された地区にあり、建物を準耐火建築物にすることにより「建築物不燃化助成」を受けることができます。

建築確認申請の提出前から「建築物不燃化助成」の申請を進めていましたが、建物が完成したので、「完了報告書」を必要書類とともに杉並区役所の都市整備部 建築課 不燃化推進係に提出しました。

>>関連ブログ2018.11.13 建築物不燃化助成の申請 大きなテラスの小さな賃貸住宅 

大きなテラスの小さな賃貸住宅』は、小さいながら建築基準法上は「共同住宅」になるので、建物完成時に所轄の消防署に案内図や平面図などの建築図面を添えて「防火対象物使用開始届出書」を提出しました。(3/13)

「住宅用火災警報器設置届出書」も同時に提出。通常は現地検査がありますが、規模が小さいため現地検査はなく、取り付け位置を記載した平面図と「届出書」の提出だけで終わりました。

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) | タグ: , , , , , , , , | 建築物不燃化助成手続きと防火対象物使用開始届出書 はコメントを受け付けていません。

建築確認がおりました。 囲んだテラスに開いた2階リビングの家

囲んだテラスに開いた2階リビングの家』の建築確認がおりたので、確認済証を受け取りに確認検査機関に行きました。

『囲んだテラスに開いた2階リビングの家』(鉄骨造3階建)の建築確認申請は3/8日に民間の確認検査機関に提出。第1回目の質疑が1週間後の3/15日に出てきて、その修正と追加資料の提出を終えた3/20に本受付となりました。それから約2週間後の4/4日(提出から1ヶ月弱)に確認済み証がおりたので、構造(鉄骨造)や天空率緩和、ホームエレベーターや消防署の審査もある住宅としてはとても順調でした。

建築確認検査機関のある渋谷駅の周りは大改造中で、行くたびにその変化に驚きます。

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

 

 

設計事務所アーキプレイスでの鉄骨造住宅の事例】

囲んだテラスに開いた家阿佐ヶ谷の家風が吹抜ける家千駄木の家白山の家空に向かって開いた家

 
    

←前の記事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 | 建築確認がおりました。 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 はコメントを受け付けていません。

遅ればせながらhouzzベスト・オブ・ハウズ2019デザイン賞受賞のお知らせ

世界最大の住宅設計・デザインのプラットフォームを提供する

houzz(ハウズ)(http://www.houzz.jp) が主催する

Best of houzz(ベスト・オブ・ハウズ)2019

において、下記の2つの住宅がデザイン賞を受賞しました。

独立した二世帯が集う家ベスト・オブ・ハウズ2019デザイン賞を受賞しました。
>>日本-Best of houzz-2019(東京都下/エクステリア・外構)
Photo by:大沢誠一
施工:NEAT

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 独立した二世帯が集う家

>>独立した二世帯が集う家 竣工写真 その1
>>独立した二世帯が集う家 竣工写真 その2
>>独立した二世帯が集う家 竣工写真 その3

室内化したテラスを持つ家ベスト・オブ・ハウズ2019デザイン賞を受賞しました。
>>日本-Best of houzz-2019(東京都下/デッキ)
Photo by:大沢誠一
施工:匠陽

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 室内化したテラスを持つ家

>>室内化したテラスを持つ家 竣工写真 その1
>>室内化したテラスを持つ家 竣工写真 その2
>>室内化したテラスを持つ家 竣工写真 その3

【設計事務所アーキプレイスのHouzz・ハウズ関連の記事】

>>関連ブログ2015.7.25 Houzz(ハウズ)フィーチャー 猫と暮らす中庭のある家

>>関連ブログ2015.12.9 カフェのある家(朝霞市)Houzz(ハウズ)フィーチャー

>>関連ブログ2016.10.7 空と暮らす家がHouzzの特集記事に取り上げられました!

>>ベスト・オブ・ハウズ2017受賞のお知らせ

>>関連ブログ2017.3.29 「桜を愛でる、美しい日本の家」 HOUZZ・ハウズに二つの住宅が掲載

>>関連ブログ2018.3.21 「春爛漫、桜を楽しむ家」 HOUZZにしだれ桜と暮らす3世代の家が掲載

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

>>archiplacejapan Instagram

←前の記事 独立した二世帯が集う家     次の記事→

←前の記事 室内化したテラスを持つ家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(完成済), 室内化したテラスを持つ家, 独立した二世帯が集う家, サイト・WEB掲載 | タグ: , , , , , , , , , , , , | 遅ればせながらhouzzベスト・オブ・ハウズ2019デザイン賞受賞のお知らせ はコメントを受け付けていません。

家具など実施設計のお打合せ 明大前の賃貸併用二世帯住宅

週末、『明大前の賃貸併用二世帯住宅』(賃貸併用の二世帯住宅)の建て主ご家族の方々と実施設計のお打合せをしました。(3/30)


1/20で書いた家具図や平面詳細図、断面詳細図をお見せしながら、基本設計では詰めきれていない、具体的な内容(収納物や収納方法、仕上げや色、窓のサイズや取り付け高さなど)についてご説明して一緒に検討。

新元号の「令和」が発表された日、東京では桜が満開になりました。

設計事務所アーキプレイスでの混構造や地下のあるの住宅事例】

太陽の光を感じる家ひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)神楽坂の家千駄木の家TNMハウス武蔵野の家

s P1090216 s msIMG_4909 s sorato s kagurazaka s senndagi s TNM house s musashino

 

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 | 家具など実施設計のお打合せ 明大前の賃貸併用二世帯住宅 はコメントを受け付けていません。

囲んだテラスに開いた2階リビングの家 配置の確認と近隣挨拶

囲んだテラスに開いた2階リビングの家』の地縄確認(配置の確認)と近隣挨拶を行いました。(3/30)

実は、地縄を張ってみたら敷地の一辺の境界ブロックの位置が間違ったいることが判明し、急遽土地の売主側で正しい位置に直してもらうことになりました。

建て主の方、工事会社の方と敷地の四隅にお酒、お米、お塩を撒き、四方祓い(しほうはらい)で工事の安全を祈願し土地のお清めをしました。

道路向かいや敷地に接する近隣の方々に挨拶に周りました。

 

>>いままでの設計経過 ブログカテゴリー 囲んだテラスに開いた2階リビングの家

設計事務所アーキプレイスでの鉄骨造住宅の事例】

囲んだテラスに開いた家阿佐ヶ谷の家風が吹抜ける家千駄木の家白山の家空に向かって開いた家

 
    

←前の記事 囲んだテラスに開いた2階リビングの家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 | 囲んだテラスに開いた2階リビングの家 配置の確認と近隣挨拶 はコメントを受け付けていません。

一級建築士の定期講習を受講しました 2019 建築をとりまく世界の変化

建築士に3年に一度受けることが義務づけられている一級建築士の定期講習を事務所パートナーの近藤と一緒に受けました。(石井)

建築基準法と建築士法のほかに、関連法規として建築物の耐震改修の促進に関する法律、建築物省エネ法、バリアフリー法、景観法、住生活基本法、公共建築物木材利用促進法、津波防災地域づくりに関する法律など、建築をとりまく法律が増えて多様になっていることを受講のたびに感じます。また、木造の耐震技術、非木造の改修技術、免震工法、制振工法など、建築をとりまく世界は劇的に変化していて、その変化のスピードも早いため、最新の情報にアンテナをはっておくことの大切さを改めて感じた一日でもありました。

 

>>2012.3.30ブログ 建築士定期講習 受講しました

>>関連ブログ2012.4.26 建築士定期講習 修了証

>>2016.3.31ブログ 一級建築士定期講習を受講しました

 

>>archiplacejapan Instagram

 

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 日常 | タグ: , , , | 一級建築士の定期講習を受講しました 2019 建築をとりまく世界の変化 はコメントを受け付けていません。

地盤調査と敷地測量 明大前の賃貸併用二世帯住宅

明大前の賃貸併用二世帯住宅』(賃貸併用の二世帯住宅)の地盤調査と敷地測量を行いました。

 
 

3/27(水)に地盤調査を行いました。道路側と庭側に約1.4mの敷地高低差があるので、2箇所で調査。道路側は排水枡から排水管の位置を予測し、排水管に当たらない位置で調査してもらいました。既存住宅の解体後に敷地中央部でも地盤調査します。

 

3/28(木)に敷地測量を行いました。境界石を元に、敷地境界線と万年塀やブロック塀の位置関係と所有関係を測量会社の方と一緒に確認。建主の方が保管されていた古い資料も出てきたので、現在の状況と照合できるところは確認して敷地調査に入ってもらいました。

設計事務所アーキプレイスでの混構造の住宅事例】

太陽の光を感じる家ひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)神楽坂の家千駄木の家TNMハウス武蔵野の家

s P1090216 s msIMG_4909 s sorato s kagurazaka s senndagi s TNM house s musashino

 

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 | タグ: , , , , , , , | 地盤調査と敷地測量 明大前の賃貸併用二世帯住宅 はコメントを受け付けていません。

長谷工テクニカルセンター、長谷工マンションミュージアム見学会

建築士会多摩ブロック南部支部多摩部会の「長谷工テクニカルセンター、長谷工マンションミュージアム見学会」に参加しました。(3/26)

>>長谷工テクニカルセンターHP:https://www.haseko.co.jp/htc/

人類の誕生から人が集まって住む暮らしの歴史を、大迫力の360°シアターで概観。

日本の集合住宅(マンション)の変遷を、先駆けである同潤会アパートや日本住宅公団の仕事から現代のマンションまで、社会の変化や技術の進化、住まいへのニーズの変化、自然災害や社会的な事件が及ぼした影響などとともに辿ります。

マンション管理のプロを要請する長谷工グループ技術研修センター、建物の長寿命化や耐震強化、CO2削減をはじめとする環境問題、材料や新商品の技術検証を行っている長谷工技術研究所、長谷工の全国のマンションの総合監視センターである長谷工コミュニティ アウル24センターなども見学。

気になった新しい技術の一つが上の写真にあるサイホン排水方式です。サイホン排水方式は配管径を小さくでき、配管勾配も必要となくなるため、一般的な排水方式に比べて床下の空間を小さくできます。配管勾配が必要となくなるということは、キッチンやお風呂などの水回りの配置が集合管の位置から自由になることなので、プランニングの自由度が飛躍的に高まるという画期的な技術です。現在、ディスポーザーなどとともに技術開発中のものですが、サイホン排水方式が一般のマンションや住宅にも普及していく日は近いかも知れません。

現在、長谷工マンションミュージアム京王多摩センター、小田急多摩センター予約制ですが、内容充実!見所満載の超オススメのミュージアムでした。

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 建築材料・素材, 日常 | タグ: , , , , , | 長谷工テクニカルセンター、長谷工マンションミュージアム見学会 はコメントを受け付けていません。

お引き渡し それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

OZONE家designの建築家コンペから始まった『それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』。猫や犬が遊べる場所があったり、釣ってきた魚を捌ける場所があったり、本やDVDがたくさん収納できる棚があったり、映画やテレビゲームを家族で楽しめる仕掛けがあったりと、家族やペットがそれぞれの時間を大切にしながら気持ちよく暮らしていける住まいができました。工事会社の方々にきっちりと作っていただき、今日のお引き渡しの日を無事を迎えることができました。

>>これまでの設計・工事経過  →それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

修正工事や残工事の確認をしたあと、お引き渡しの書類や鍵を取り交わします。

LDKの大窓のハニカムスクリーンを施工中。畳んだ時はカーテンボックに全て隠れるスッキリした納まり。

LDKに面するハニカムスクリーンは電動で、別々に動かしたり3枚同時に上げ下げすることもできます。

個室のハニカムスクリーンを全て閉じたところ。

ハニカムスクリーンの断面は空気層のある六角形で、窓(アルミサッシ+Low-E複層ガラス)の断熱性能を補ってくれます。

高い天井に取り付けたエアコンは、フィルター部分を上げ下げして掃除しやすくなっています。ただ、上げ下げできる距離が1.5mと限られているので、掃除をする時には脚立も必要です。もう少し上げ下げできる距離の長いものを、エアコンメーカーは作ってくれるといいのですが。

 

シーリングファンは電動の昇降装置がついたもので、3mまで上げ下げできるので、脚立を使わなくても羽の掃除ができます。

 

TVゲームや映画を楽しむための、壁掛けテレビやホームシアター用のスクリーンが設置されました。

 

ホームシアター用のプロジェクターはリビングテーブルに置き、電源やHDMIを差し込んで使用。コンセントなどは床の下にBOXを作って設置し、周りの複合フローリングと同じ材料で蓋をして目立たないように隠しています。

古木オリーブの周りのコンクリート平板の形をテープで確認しました。


 

宅配ボックスと雨水タンクも設置されました。雨水タンクは屋根の雨水をタンクに貯めて、植栽の水やりや外部床の掃除に利用するものです。

魚釣りが趣味のご主人が使う冷凍庫がガレージに設置されました。その横にはステンレスの流しを設置します。

個室のクローゼットなど、IKEA(イケア)の家具の部品が大量に運ばれてきました。

 

IKEA(イケア)の部品はそれぞれの場所に運び、大工さんに組み立ててもらいました。

いつもはお引き渡しの日に一緒に行う設備機器の取り扱い説明は、お引越しの前に改めて行います。

>>関連ブログ2019.3.19 OZONE引渡し前確認 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

設計事務所アーキプレイスでのOZONE(オゾン)家design旧OZONE家づくりサポート)の事例】

それぞれの時間を大切に猫と暮らす二世帯住宅』『ミカンの木の育つ二世帯住宅』『独立した二世帯が集う家』『くるりのある家』『猫と暮らす中庭のある家』『空と暮らす家(スキップフロア)』『東京タワーと桜に見える家』『木立に佇む家』『クスノキのある場所(住宅)  (クリニック)』『阿佐ヶ谷の家』『風が吹抜ける家』『宙を囲む家』『高窓の家』『代沢の家』『囲まれた家』『南の空に向かって開いた家』『夏ツバキの家』『ひかりの家

  独立OZONEサムネイル くるりOZONEサムネイル 猫と暮らOZONEサムネイル 木立にOZONEサムネイル

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス | お引き渡し それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス はコメントを受け付けていません。

竣工写真の撮影 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス(中庭のある木造2階建て)竣工写真を撮影させていただきました。

カメラマンはプロの大沢誠一さん。

 

それから、川内倫子、藤原新也、A・スティーグリッツ、S・サルガド、J・シャルマン、石元泰博が好きで、建物の周辺環境や状況まで捉え、物語性や空気感を感じさせるIwan Baan(イワン・バーン)の建築写真に憧れているイシン・バーン(石井)です。

竣工写真は、近日、このブログや設計事務所アーキプレイスのホームページに掲載しますので、しばらくお待ちください。

>>これまでの設計・工事経過  →それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>archiplacejapan Instagram

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

  s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス | 竣工写真の撮影 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス はコメントを受け付けていません。

オープンハウス終了 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

3月24日(sun・2019)、それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス(木造2階建て)のオープンハウスには、遠方にもかかわらず想像以上の方(16組21名)に来ていただきました。

中庭の床の一部が完成していなかったので、床の作り方を具体的に見て頂けました。

外気温が14℃程度のところ、1階床の温度は玄関や水回りを含めて24℃程度で一定しており、アクアレイヤー(水蓄熱床暖房)の効果を感じて頂けました。

>>関連ブログ2018.11.29 アクアレイヤー施工中 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

設計事務所の知り合いの方からは、貴重な意見をもらい情報交換もできました。今後の設計や監理に生かしていければと思います。

アーキプレイスで一緒に家づくりをした建て主の方にも久しぶりにお会いでき、お子様たちの成長のことや現在の住まい方、これからの住まい方などの話で盛り上がりました。

オープンハウスの後、夕方〜夜の表情、明るさの変化、照明の状態などを確認して帰りました。

>>これまでの設計・工事経過  →それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス

>>archiplacejapan Instagram

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

  s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス, オープンハウス・見学会 | タグ: , , , , , , , , , , , , | オープンハウス終了 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス はコメントを受け付けていません。