蕨市のコートハウス F案と模型とケーキ


蕨市のコートハウス』の建て主の方と、初台にあるアーキプレイスの事務所で打合せをしました。

F案では、階段の位置と上がる方向を変えたことで、1階と2階の関係が強まり、内と外(コート)との新たな関係も生まれ、和室の環境も良くなりました。

一部に屋根のかかるデッキテラスがコート(中庭)と室内を繋ぐ。 正面にリビングが見えます。

LDKにはデッキテラスの広がりを取り込み、天井を高くした高窓からも採光。

和室とデッキテラスが、階段のある板の間で繋がれた感じになりました。LDKの様子も伝わり、一体的に使いやすくなりました。

 

左:直接デッキに出ることができる寝室。  右:2階には回遊性があり、フリースペースからはバルコニーに出られます。

外観 近隣の視線からプライバシーを守りつつ光を取込むため、屋根が ”段々した形に” 。コートの外側には塀を建て、中庭のある家(コートハウス)にします。

建て主の方にいただいたケーキがあまりに綺麗なので、はやる気持ちを抑えて写真に。

(Mさん ご馳走様でした。とても美味しかったです。)

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 蕨市のコートハウス

>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその1
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその2
>>蕨市のコートハウス 竣工写真ーその3

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 蕨市のコートハウス     次の記事→


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 蕨市のコートハウス タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください