ひかりを組み込む家 SE構法の柱脚


ひかりを組み込む家』(地下RC+SE構法3階建)の、柱脚金物の確認へ行きました。

P1030952 ssP1030938

s003-05-02

SE構法在来工法の大きな違いの一つは、基礎への力の伝え方です。

在来工法では、柱⇒土台⇒基礎と力が流れますが、SE構法の主要な柱では土台を介さず柱⇒基礎と力が流れます。柱(集成材)と基礎(鉄筋コンクリート幅170以上)の接合は、M20のアンカーボルト+SE柱脚金物+ドリフトピンφ16×3本で堅結することで、SE構法の柱脚は左図のよう

 

anchorに大きな力(引抜き力)に耐えることができます。

一方で、土台という木を介さない接合は、アンカーボルトの位置と高さなど、高い施工精度が求められ、設計監理する上でも重要な部分です。

 

>>関連ブログカテゴリー SE構法(SE工法)について考える

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

←前の記事 ひかりを組み込む家     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), SE構法(SE工法)について考える, ひかりを組み込む家 タグ: , , , , , , , パーマリンク

ひかりを組み込む家 SE構法の柱脚 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: SE構法の土台設置確認 空と暮らす家(スキップフロア) | 東京の建築家 設計事務所アーキプレイスのブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です