ファイバーグレーチングの目隠しで住宅のプライバシーを守る


密集地の住宅では、室内に光と風を取り入れることとともに、

道路や近隣からの視線をコントロールし、住宅内のプライバシーを守ることが、

大切になります。

視線をコントロールする物としては、塀や壁、植栽、木製格子、障子やカーテン

などがありますが、少し面白い材料にファイバーグレーチングがあります。

これは、ガラス繊維入の強化プラスチックで作った、厚さ数センチの

升目状の格子で、床材としても使われ、強度と耐久性が高い材料です。

白山の家(南の空に向かって開いた家)では、LDKのプライバーを守ために

デッキテラスの外側に半透明のファイバーグレーチングを使いました。

半透明のものは、少しグリーンがかった色をしていて、

太陽光が当たると透明感が増して、水槽の中にいるような不思議な感覚になります。

ファイバーグレーチング

ファイバー

階段デッキテラス和室

【設計事務所アーキプレイスでファイバーグレーチングを門扉に使った事例】

>> 太陽の光を感じる家 竣工写真 その3

 

【設計事務所アーキプレイスでファイバーグレーチングをテラスの床に使った事例】

>>風と光と暮らす家 竣工写真 その3

 

<ファイバーグレーチング>

株)中部コーポレーション http://www.chubunet.co.jp/frpgrating/index.html

(株)ダイクレ http://www.daikure.co.jp/products/grating01.html

>>関連ブログ2010.7.3  有孔折板(ゆうこうせっぱん)を住宅に使う

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築材料・素材 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください