庭と暮らす家(つくば市) 基本設計図ができました


5月のオープンハウスでお会いしてから、家づくりを進めてきた『庭と暮らす家(つくば市)』の基本設計図ができました。来年3月の完成を目ざしているので、通常3ヶ月かかる基本設計を約2ヶ月でまとめました。実施設計にかけられる時間も限られるため、構造や家具の打ち合せなど、できるところから実施設計も進めています。

基本設計はいわば住まいの骨格を決めることで、これに実施設計で肉付けしていく訳ですが、骨格がしっかりできていないと、いくら肉付けでがんばっても良い住まいにはなりません。基本設計をおろそかにせず、理想とする生活が実現できるプランになっているか、部屋の大きさや位置はよいか、動線に無駄がないか、採光・通風は十分か、収納の量や場所はよいか、法規に合致しているか、予算やスケジュールに無理がないかetc、この時点でしかっりと確認しておくことがとても大切です。

>>関連ブログ2014.5.12 オープンハウスとホームパーティ 蕨市のコートハウス

P1150674

設計事務所アーキプレイスでは、基本設計終了時点で一度図面を揃えて製本し、建て主の方にお渡しするようにしています。

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー 庭と暮らす家(つくば市)

>>庭と暮らす家(つくば市) 竣工写真 その1
>>庭と暮らす家(つくば市) 竣工写真 その2

 

←前の記事 庭と暮らす家(つくば市)    次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), 庭と暮らす家(つくば市) タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です