くるりのある家 OZONE上棟時現場確認


P1150266 8/1日に上棟したあと、順調に工事がすすんできた『くるりのある家』(木造2階建、在来工法)。週末、建て主の方の立会いのもと、OZONEインスペクターの方、現場監督さんと「OZONE上棟時現場確認」を行ないました。

 

>>関連ブログ2014.8.1 くるりのある家 建て方&上棟式

P1150265

安全対策を含めた現場管理状況、現時点での未決定事項、完成までのスケジュール、現場変更時の工事費等の処理方法など、確認シートを見ながら一緒に確認していきました。

P1150250

現場に材料サンプルを並べて、建て主の方と主に外部の仕上げ材の確認・打合せを行ないました。

P1150220 P1150222

サッシが順次施工され、窓から見える風景や部屋の明るさの状態など、より具体的に分かるようになってきました。

P1150318
窓(アルミサッシ)の外側の透湿防水シート、防水テープ、下地胴縁の施工状態を確認。
*写真に見えている防水テープ(ライトグレー)は2枚目のもので、一枚目のテープはアルミサッシのツバの上(透湿防水シートの下)に施工してあります。

P1150321 P1150287
外壁の下地材となる、通気胴縁の大きさと間隔を確認。外回りでは、基礎立ち上りを貫通させて外部に出している、給排水管などの施工状況を確認しました。
>>通気工法概念図

P1150303 P1150309
内壁の耐力壁の面材(ハイベストウッド)の釘ピッチ、釘種類、施工状況を確認。

建て主の方は全体を見てまわりながら、「やばいいです」と嬉しそうなご様子でした。

P1160039

照明スイッチの位置やコンセントの数を、日が暮れるまで、生活をイメージしながら確認していきました。TV周りの配線はもう少し検討する必要がありそうです。

設計事務所アーキプレイスでのOZONE(オゾン)家design旧OZONE家づくりサポート)の事例】

独立した二世帯が集う家』『くるりのある家』『猫と暮らす中庭のある家』『空と暮らす家(スキップフロア)』『東京タワーと桜に見える家』『木立に佇む家』『クスノキのある場所(住宅)  (クリニック)』『阿佐ヶ谷の家』『風が吹抜ける家』『宙を囲む家』『高窓の家』『代沢の家』『囲まれた家』『南の空に向かって開いた家』『夏ツバキの家』『ひかりの家

独立OZONEサムネイル くるりOZONEサムネイル 猫と暮らOZONEサムネイル 空と暮OZONEサムネイル 東京タワーOZONEサムネイル 木立にOZONEサムネイル クスノキ住宅OZONEサムネイル

>>設計・工事経過  ブログカテゴリー くるりのある家

>>くるりのある家 竣工写真 その1
>>くるりのある家 竣工写真 その2
>>くるりのある家 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)

←前の記事 くるりのある家     次の記事→

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), くるりのある家 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です