ミカンの木の育つ二世帯住宅 地盤調査と敷地調査


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造二階建)の地盤調査と敷地調査に立ち会いました。(7/25)

P1000647

既存建物が建っている状態での、スウエーデン式サウンディング試験(SWS)による地盤調査です。

>>スエーデン式サウンディング試験とは

P1000672

土間コンクリートがある部分では、先に直径3センチ程度の穴をドリルで開けてから、地盤調査の機械をセットします。

P1000684 P1000685

お父様にも立ち会っていただき、隣地境界の位置や道路との境の位置を確認。敷地内に埋まっている浄化槽や貯水槽の位置や古井戸も確認しました。

P1000671

今年はミカンが豊作のようで、沢山の実が育っています。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください