新しいプロジェクト 細長変形地の二世帯コートハウスの紹介です


新しい家づくりプロジェクト『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の紹介です。

設計事務所アーキプレイスもメンバーである建築家31会の横浜赤レンガ倉庫での家づくり展「建築家31人×3works  vol.22(建築家31人×3作品の模型展)」で出会った方で、これから一緒に家づくりをしていくことになりました。

>>建築家31会(ケンチクカ サンイチカイ)ホームページ

>>建築家31会 石井正博+近藤民子 設計事務所アーキプレイスのページ

敷地は都心の住宅密集地にあり、三方向を建物に囲まれた細長い変形敷地です。南西方向にある唯一 ”抜け” を生かせる位置に外部空間(コート、デッキテラス)を設け、周囲の視線から内部を守りながら居住環境を高めています。
住宅密集地でありながらも自然の光や風を感じながら暮らせるようにしたコートハウスで、音楽が趣味の共働きのご夫婦と子供さんの世帯と、愛猫と暮らす叔母さまとの完全分離型の二世帯住宅です。
*玄関や水廻りなど、一部を二世帯で共有する住宅は部分共用型の二世帯住宅といわれます。

ssssP1000819

北東側鳥瞰 三方向を建物に囲まれた細長い変形敷地に建つ3階建・都市型の二世帯住宅(建築基準法的には長屋建て住宅)

sssP1000828

アプローチ道路(北側)から見る。構造は、木造でありながら駐車スペースとアプローチを間口いっぱいで無駄なく計画できるSE構法(えすいーこうほう)を採用。

sssP1000865

ポーチ 左側に二世帯それぞれの玄関が見える(扉を開けた状態)

ssssP1000841

1階世帯 キッチンの位置から板塀で守られたコートとダイニングを見る

ssssP1000845

猫も遊べるコートとダイニングキッチンとは床段差なく繋がる

ssssP1000842

寝室 左が洗面室 正面は物干しの庭で右はコート

ssssP1000847

2階リビング コート上部の空間に面した場所で右は階段スペース

ssssP1000850

2階ダイニングキッチン 右手前は北側の窓に面したスタディコーナー

ssssP1000863

ダイニング側からデッキテラスまで見通せる

sssP1000849 sssP1000872

[左]音楽室(左手)への行き来へも利用するデッキテラスからリビング側を見る
[右]二世帯の程よい距離感を生み出す、1階のコートと2階デッキテラスの関係を見る

sssP1000846

デッキテラスを挟んでリビングと向かい合っている音楽室  グランドピアノが置ける広さがあり一部ロフトとなっている

sssP1000855

3階の子供部屋 将来2室に仕切ることを想定している 右は階段スペース

sssP1000857 sssP1000859

[左]最上階のサンルーム 奥は階段スペース
[右]北〜東に広がる公園の緑を楽しめるように北側に設けた屋上テラス

ssssP1000837

細長い変形敷地の中で唯一空いている南西側の ”抜け” を生かせる場所に、1階世帯のコートや2・3階世帯のデッキテラスの外部空間を設けている

sssP1000820

南西側の鳥瞰

IMG_8159

資金計画(住宅ローン)の目処がたち、設計の打合わせをこれから本格的に進めていくことになりました。プレゼ案に対しての新たなご要望を伺い、今後のスケジュールや予算計画、設計監理契約書類のご説明も行いました。

>>関連ブログ2016.6.27 資金計画と一緒にはじめる建築家との家づくり

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(進行中), 建築家31会, 二世帯住宅, 細長変形地の二世帯コートハウス, サイト・WEB掲載 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください