確認審査機関と豊島区役所へ事前相談に行きました


現在実施設計中の『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)。

確認申請でポイントとなる、片流れ屋根のばあいの「軒高さ(のきだかさ)」の考え方、床面積や階数に入らないロフト(屋根裏収納)の条件、長屋建てでのピロテイ部の扱いなど、確認審査機関に事前相談に行きました。

 

2015年に移転して新しくなった豊島区役所では、狭あい道路申請の事前相談。シースルーエレベーターからでも行きたい場所の検討がつき、関連した課同士の見通しがきく進化型の開かれたプランでした。計画地の隣の狭あい道路申請の資料がパソコンですぐに調べてもらえ、コピーも手に入れることができるのはとても便利でした。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です