見積り調整 住宅設備機器の見直し


現在、見積り調整中の二世帯住宅『ミカンの木の育つ二世帯住宅』(在来木造2階建)。

コスト削減のために住宅設備機器を今一度見直すことになり、建て主の方とTOTO東京センターショールーム(新宿)へ行きました。(2/21)

 

設備機器は毎日、そして長い期間使うものなので、デザインや色柄だけでなく、使い勝手、耐久性、メンテナンスのことなどを考慮して決めなければいけません。デザインがすっきりしていて、総合的に性能が高いものは、どうしても価格が高くなっているため、見直しは簡単ではありませんが、実際の生活を考え、優先度が高くない部分で見直していきました。

>>関連ブログ2016.8.3 ミカンの木の育つ家 TOTO東京センターショールームへ

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

 


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です