ロシアンバーチの建具


仕事上の先輩でもある空間スタジオの遠藤泰人さんが設計・監理された、メゾネット長屋・アールグレイ(施工:米屋建設)の見学会に行きました。

見どころの一つは、木製建具や枠、サッシの額縁、階段踏み板などに徹底してロシアンバーチ(ロシアのカバ材)の積層板が使われ、バームクーヘンのような小口(木口)を意匠に活かされているところでした。

フィンランドバーチやその積層板は何度が使ったことがありますが、ロシアンバーチはそれに比べて、少し色や木目がおとなしく感じました。

メゾネット住戸の2階はLDK(写真左の箱形部分がキッチン)、1階は玄関と水廻りと個室です。

2階の傾斜天井には、シナ合板の塗装品(池内ベニアのウェルトソー)が張られていますが、色ムラがほとんど無くとても綺麗でした。

>>神戸からロシアンバーチが来た

>>ロシアンバーチのフローリング

設計事務所アーキプレイスで、ロシアンバーチを使った事例】

>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その1
>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その2
>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その3

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築行脚 タグ: , パーマリンク

ロシアンバーチの建具 への2件のフィードバック

  1. 木村哲哉 のコメント:

    毎度です。
    どうも~。

  2. ishii masahiro のコメント:

    >>木村哲哉さま 
    コメントの承認が遅れてすいませんでした。
    新しいカタログも届きました。建築・建材展には、都合がつけば行きたいと思っています・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください