見積調整のお打合せ再び ミカンの木の育つ二世帯住宅


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(在来木造2階建)の、二度目の見積もり調整の打合せを建て主の方と行いました。(3/7)

前回よりは少し先が見えてきましたが、まだまだ、予算に近づけるように知恵を絞らなければなりません。今日の打合せによって、新たに減額できそうな項目も見つかりました。減額のための変更には、工事費が抑えられるというメリットがある一方で、メンテナンスに手間がかかるようになるなど、デメリットを伴うことも多いです。その点を建て主の方に十分説明して、ご納得いただいた上で、最終的に変更するかどうか決めていきます。

住宅設備機器は見直した効果があり80万弱の減額ができました。ただ、もう少し減額したい項目なので、他メーカーでも機器を選定し、見積りを比較して決めていくことになりました。

見積り調整期間はどうして気分が重くなりがちですが、子供さんの笑顔が和ませてくれました。

>>関連ブログ2016.8.3 ミカンの木の育つ家 TOTO東京センターショールームへ

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

 


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です