狭あい道路の現地立ち会い 細長変形地の二世帯コートハウス


「狭あい道路拡幅整備事前協議書」を区役所に提出していた『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)。

今日は、区役所の都市整備部建築課道路調査グループの担当者の現地確認に建て主の代理者として立会いました。(4/12)

両隣の敷地は狭あい道路の協議済みで道路後退しています。そのため道路中心鋲も設置されており、道路中心線は自動的に決まるため、そこから2mセットバックした位置が敷地の道路境界線になります。(余談ですが、エコな区なのか、区役所の方は自転車でした)

午後(2時ごろ)の日差しが、1階の中庭(コート)や2階のテラスに入ることを確認。


狭あい道路の現地立会いは10分程度で終わったので、近くの神田川の桜を見て帰ることができました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です