スペインタイルの貼り方 光と色と音の集積の家


光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の現場で、建て主の方と主に仕上工事について打合せを行いました。

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー 光と色と音の集積の家

上棟式の時から工事はかなり進み、部屋の広さや窓の大きさや位置がほぼ分かるようになり、前回よりも完成時の状態がイメージしやすくなっています。現場には階段がまだついていませんが、建て主の方にはハシゴを使って3階までご覧いただきました。

  

打合せを重ねてきているスペインタイルについても、タイルの組み合わせパターンや貼り方、目地幅や施工方法、タイルの製作納期について打合せ。

>>関連ブログ2017.3.9 タイル貼りのパターン検討 光と色と音の集積の家

二世帯住宅部分のホームエレベータ(1〜3階まで)のシャフト部分。壁には、これから
石膏ボードが貼られます。

壁面に表情を加えた展開図で、ペンダント照明やテレビ、スイッチ・コンセントなどの関係を確認してもらいながら、最終的な仕上げ材や色合いを決めています。

 

設計事務所アーキプレイスでの混構造の住宅事例】

太陽の光を感じる家ひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)神楽坂の家千駄木の家TNMハウス武蔵野の家

s P1090216 s msIMG_4909 s sorato s kagurazaka s senndagi s TNM house s musashino

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です