ミカンの木の育つ二世帯住宅 地鎮祭


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建住宅・在来工法)の地鎮祭を行いました。

今日(5/17)は暦の上では「先勝(さきかち)で、地鎮祭には良い日でしたが、それに加えて「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」という日でした。

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという大収穫を得られる日とされ、特に仕事始め・開店・種まき・お金を出すことに吉とされ、工事開始となる地鎮祭にもとても良い日だとのことでした。

 

>>地鎮祭について簡単にまとめたもの(設計事務所アーキプレイス)

 

建物の配置を確認する地縄確認(じなわかくにん)を行い、近隣挨拶にも建て主の方、工事会社の方と一緒にまわりました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です