神戸からロシアンバーチが来た


ロシアンバーチ合板を輸入販売する(株)テツヤ・ジャパンの社長(木村哲哉)さんが、原寸大の見本を車に積んで、はるばる神戸から説明に来られました。

元板の大きさは、2440mm×1220mmで、厚さは4mm(7kg)〜30mm(56kg)まで揃っています。30mm厚の1枚の価格は25,000で使いやすい価格だと思いました。

ロシア白樺耐水合板(ロシアンバーチ合板)の特徴は

・大木から作るため、木目が2400mmの方向に流れている

・表面、裏面とも1枚板で継ぎ目がない

・積層された単板はすべてロシア白樺で、木口をデザインに活かせる

・耐熱、耐水性に優れたフェノール樹脂を接着剤に用い、ホルムアルデヒドのF☆☆☆☆認定も受領

写真左側は積層面を見せた幅150mmの板。写真右側は幅300mm×長さ2440mmのフローリング材に加工したもの(実加工付き)

この他にも(株)テツヤ・ジャパンが扱うロシアンバーチは様々な加工が可能で、おもしろい物ではスピーカーやスイッチプレートもありました。

>>(株)テツヤ・ジャパン

>>関連ブログ ロシアンバーチの建具(2010.12.17)

>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その1
>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その2
>>カフェのある家(朝霞市)ー竣工写真その3

>>復興ドーム

>>You Tube復興ドームの立ち上げの様子

>>You Tube復興ドームの立ち上げ(失敗編)

>>復興ドーム建設ボランティア その1

>>復興ドーム建設ボランティア その2

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

設計事務所アーキプレイスでのロシア白樺耐水合板(ロシアンバーチ合板)の使用事例】

太陽の光を感じる家(趣味室の本棚)緑あふれるアトリエのある家(アトリエの家具)カフェのある家(子供室の家具、建具、階段の踏み板、カフェの家具)

  

 

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト クリックよろしくお願いします。 人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築材料・素材 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です