土工事が始まりました ミカンの木の育つ二世帯住宅


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建住宅・在来工法)の現場では、土工事が始まっています。


 
 

土が所定の深さまで掘られいるかどうか、根伐り底(ねぎりぞこ)から基準のなる高さに張った水糸までの高さをメジャーで測り確認します。


 

道路境界線や隣地境界線からの離れも、設計とずれていないか確認します。土を掘った後はランマーで突きめ固め、砕石地業、防湿シート、捨てコンクリート打ち、基礎の墨出しと続いていきます。

庭となる部分の土には予想以上に石やガラが混ざっていたため、外構工事の時に新しい土(黒土)と入れ替えることになりました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です