ショップ家具工事の確認 光と色と音の集積の家


光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)のショップ部分の家具工事などの打合せを建て主の方と行いました。

家具工事の方(深津木工さん)に、突き板の木を4種類(チェリー、カリン、マコーレ、オーク)に、それぞれで着色の濃さ、塗装のツヤの違うサンプルを用意してもらいました。実際に場所の光の状態や照明を考慮しながら、他の材料との相性を確認して最終的にマコーレ少し着色したもの(ツヤあり)とクリア塗装(ツヤあり)に決定。

 

ショップの展示棚兼デスクのモックアップ(原寸模型)を深津木工さんが、作ってくれました。右写真の展示棚の上側を回転させると、左写真のように変化してデスクとして使えるようになります。

建て主の方に、実際に近い形でデスクの広さや使い勝手を体験していただけました。蝶番部分の板厚など、少し改良を加えて製作しますが出来上がりがとても楽しみです。

住宅部分のフローリング施工も確認。チーク複合フローリング(チークホワイトブラッシュド/IOC)のヘリンボーン貼り。

親世帯のリビングダイニングの壁にオークの壁面材(mur cheneミュール シェン/IOC)が貼られました。天井が高いので想像以上に迫力がありました。

>>IOC mur cheneミュール シェン

 

2階吹抜廻りの床はウォールナットの複合フローリング(IOC)のヘリンボーン貼り。

外壁の板張り部分(WILL WALLウィルウォールT&Gパネル/CHANNEL ORIJINALチャネルオリジナル)の施工も、だいぶ進んできました。木材保護塗料リボス(イケダコーポレーション)のタヤエクステリア:ブラジルであらかじめ着色しています。

>>CHANNEL ORIGINALチャネルオリジナル 延焼の恐れのある部分に使える天然木製外壁 WILL WALLウィルウォール

>>イケダコーポレーション 木材保護塗料リボス タヤエクステリア

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

 

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です