基礎耐圧盤(きそたいあつばん)の配筋検査 ミカンの木の育つ二世帯住宅


ミカンの木の育つ二世帯住宅』の基礎耐圧盤(きそたいあつばん)の配筋検査に、構造設計者の千葉さん(シエスタ)と行きました。


鉄筋の太さ、本数、位置、間隔が設計通りになっているか、定着長さや継手長さは規定通りとられているか、鉄筋のかぶり厚さは確保できているかなど、設計図や施工図と見比べながら確認していきました。最後に工事会社の方と修正部分と修正方法を確認し、是正後の写真を送ってもらうことにしました。


 

室内側の基礎の立上り部分には、人が床下に潜って通れるように人通口(じんつうこう)を設けます。この人通口部分は、そのままでは構造的には他の部分よりも劣ってしまうため、補強筋と言われる鉄筋を入れたりして一般部分と同じような構造的強さをもたせます。
写真は、補強筋の位置を修正してもらっているところです。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です