上棟しました 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)が上棟しました。炎天下の中での建て方でしたが、夕方は少し風も出てきて工事は順調に進み、5時前には上棟しました。

屋根(小屋組)の中央あたりに2本並んで架かる3本組合せ梁(3連梁)。2本組合せ梁(2連梁)はときどきありますが、3本組合せ梁(3連梁)となると大工さんも初めての経験とのこと。

3本組合せ梁(3連梁)の施工では、3本の梁の両側の梁を先に架けて、最後に真ん中の梁を落とし込みむ方法で架けました。

3本組合せ梁(3連梁)の端部。柱と比べると幅が3倍あるとても太い梁です。今後、φ16のボルトで455mmピッチで3本の梁を締めて一体的な梁にします。

梁成(はりせい・高さ寸法)を抑えて、柱を入れずに大きな空間をつくために3本組合せ梁(3連梁)にしています。

>>関連ブログ2017.6.13 木造住宅のプレカットの打合せ 桜並木と暮らす家

道路側に面したバルコニーのある和室から、桜がとても綺麗に見えることも確認できました。

柱や梁にはプレカット図に対応した、取り付け位置を表す名前がついています。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です