内部木製建具の打合せと現場監理 光と色と音の集積の家


光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の現場で内部建具(木製建具)の打合せを建具屋さんと行いました。

 

図面だけではわからない部分、納まりが難しいところ、仕上げや建具金物の種類、木目方向などを確認してから、実際の建具製作に入っていきます。



2階のアトリエホールの床フローリングはヘリンボーンという貼り方です。

壁の中の空間を利用して、エアコンの配管を通しています。

3階では、壁天井の下地となるプラスターボード(石膏ボード)がほぼ貼り終わりました。

 

[左]家具の上部には組み込み型のエアコンが入ります。

[右]3階ではキッチンが設置されました。


外構工事の方に、建物の概要や外構計画で実現したい設計者としてのイメージを伝え、建て主の方からは、テラスに飾る植栽のイメージなどをお話しいただきました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です