ベルックスのトップライトが付きました ミカンの木の育つ二世帯住宅


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理。

屋根に二つのトップライト(VELUXベルックス製:スカイビューシリーズVS電動タイプ)が並んでつきました。

トップライトは、子供室の傾斜天井の一番高い部分に二つ並んでつけています。このトップライトは、高いところに溜まった熱を逃がしたり風を通したいときにはリモコンで開けられる電動開閉式で、今日のような強い日差しを室内に入れたくないときには、遮光もできるハニカム式のブラインドを内蔵した優れものです。

>>日本ベルックスVELUX:スカイビューシリーズ トップライト(天窓)

リビング側から子供室側を見ると、トップライト(天窓)からの光で壁面が明るく見えて、実際以上に広がりを感じるようになりました。

>>関連ブログ2010.8.25 高窓(ハイサイドライト)からの採光と通風の事例

 

詳細図を書いて工事の方と打合せしてきた、コーナー部分の窓サッシがつきました。

2つの窓サッシがすっきりと一体に見えるように、隙間をほとんど空けずに取付けてあります。

ガルバリウム鋼板たてハゼ葺きの材料が屋根に運び上げられました。今回は、たてハゼ部分がキャップ式となった既製品の板金を使います。

金属屋根の端につける部材は工場で加工されてきています。

この住宅で施工が難しい部分の一つである、三角形部分の納め方を板金屋さんを交えて打ち合わせ。


1階の天井には、2階の給水、給湯、排水などの配管が施工されています。

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です