耐震構法SE構法の構造見学会 細長変形地の二世帯コートハウス


三方向を囲まれた間口約5m×長さ16mの敷地に建つ完全分離型の二世帯住宅『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・耐震構法SE構法)の構造見学会を開催します。

■2017年9月9日(土)11:00〜17:00、10日(日)14:00〜17:00

■東京都豊島区

■二世帯住宅(完全分離型・長屋形式)

■敷地面積 /94.65m2(約28坪)

■延床面積 /135.66m2(約41坪)

■構造・規模/木造3階建(耐震構法・SE構法)

■設計・監理  設計事務所アーキプレイス 石井正博+近藤民子

完成してしまうと見えなくなってしまう住宅の基礎や構造体、耐震構法SE構法の特徴、狭小敷地や間口が狭い敷地での採光や通風の工夫、建物の高さ方向の活かし方、建築家との家づくりに関心のある方など、お気軽にお越し下さい。

*予約制となりますので、メール(archiplace@mbg.nifty.com)またはお電話(03-3377-9833)にて事前(8日まで)にお問い合わせ下さい。

これまでの設計・工事経過はこちら >>ブログカテゴリー 細長変形地の二世帯コートハウス

  

設計事務所アーキプレイスでのSE構法の住宅事例】

室内化したテラスを持つ家独立した二世帯が集う家太陽の光を感じる家風と光と暮らす家緑あふれるアトリエのある家蕨市のコートハウス十字路に建つスキップハウスひかりを組み込む家空と暮らす家(スキップフロア)カフェのある家(朝霞市)みんな集まる家TNMハウス5層なのに3階建ての家家族が楽しい家ひかりの家

se-cafe se-gosou se-hikari se-jyuuji se-kazoku se-skip.2jpg
se-atorie se-tnm se-warabi se-hikarinoie se-tanishii se-taiyou

←前の記事 細長変形地の二世帯コートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: お知らせ・ご案内, 設計・現場監理(進行中), SE構法(SE工法)について考える, 細長変形地の二世帯コートハウス, オープンハウス・見学会 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です