ミカンの木の育つ二世帯住宅 トップライト確認と天井の下地


ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理。

緩勾配の傾斜屋根につくトップライト(VELUXベルックス製:スカイビューシリーズVS電動タイプ)の外廻りが完成し、日本ベルックスの方にも見ていただきました。

>>関連ブログ2017.8.9 ベルックスのトップライトが付きました ミカンの木の育つ二世帯住宅

>>日本ベルックスVELUX:スカイビューシリーズ トップライト(天窓)

窓の外には日差しを遮り雨除けとなる庇が出ていますが、その天井部分(軒天)に下地ボード(ケイカル板)が貼られました。

2の傾斜天井には天井の下地(野縁)が組まれ始めました。

窓の上部にはカーテンやブラインドをスッキリと入れるための、カーテンボックスを用意しています。


 

デッキテラスのFRP防水の確認。FRP防水の立ち上がり高さ、水勾配、排水溝、排水口廻りなどをチェックします。

半屋外の空間となるデッキテラスには天井が貼られました。正面に二つ見える木片は物干し金物を取り付けるための下地です。

玄関ポーチと自転車置き場の屋根のFRP防水も完成。

>>関連ブログ2011.9.29 屋根FRP防水工事 みんな集まる家

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です