足場解体前の外壁周りの確認 光と色と音の集積の家


週明けに外壁足場が解体される『光と色と音の集積の家』(地下鉄筋コンクリート1階・地上3階建 SE構法)の外壁周りを確認しました。

左官仕上げと窯業系サイデイングの仕上げが切りかわる外壁コーナー部。


アールがついた外壁周りも綺麗に施工されました。

配管の固定やフード周りのシーリングを確認。たてどい金具(でんでん)の外壁のビス穴には、シーリングを先打ちしています。

外壁につくフードは、左官仕上げ部分も窯業系サイデイング部分も、汚れ防止ツバ付きのものを使っています。


外壁の板が突きつけとなる部分や板とガルバリウムの境目に入れるシーリングも綺麗に施工されました。


内部ではビニルクロスの下地処理が終わり、上の階からビニルクロスや左官仕上げの下地紙が貼られはじめました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 光と色と音の集積する家     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 光と色と音の集積の家 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です