スチール製の玄関扉がつきました 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場監理に行きました。

スチール製の玄関扉がつきました。ドアの横と上部にFIXガラスを入れた玄関扉で、周りの壁は板張りになります。大工さんが駐輪スペースの軒天井の下地を製作中。

室内(玄関)側から見たスチール製の玄関扉。今後ガラスを入れ、塗装して仕上げます。


内部造作でつくる壁の下地が組まれました。右はパントリーになります。

これから室内の壁下地(石膏ボード)が貼られていきます。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です