壁掛けテレビ周りの電気設備など 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場監理に行きました。

アルミアングルを用いてすっきりと見せる巾木(壁と床の間の部材)がキレイに施工されました。

電気設備の配線を再度全体確認。
AV収納を取付ける壁にはマルチメディアコンセント(中央下)を用意。すっきりとしたテレビ周りにできるように、壁掛けテレビとAV収納の間の配線は壁の中に通せるように、配線用コンセントBOXを壁掛けテレビに隠れる位置とAV収納部分に設けています。

アルミサッシ窓の室内下部に「下枠」と言われる木材が施工されました。

外部では、ガルバリウム鋼板の貼り始めとなる斜め壁のコーナー部分に、スターター(捨て板金)が施工されました。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

>>設計事務所アーキプレイス HP

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です