ビル用サッシとガルバリウム鋼板の外壁 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場監理。

高窓(ハイサイドライト)部分のサッシ(ビル用サッシ)がつきました。

ガラスと一体となった住宅用サッシと違って、ビル用サッシの場合はサッシ枠を先につけて、ガラスは後から入れます。

家族みんなで使うリビングのワークペースには、デスクや固定棚がつきました。

和室廻りにも石膏ボードが貼られ、壁上部の欄間部分の工事も進んでいます。

1階自転車置き場の天井も貼られました。

外壁のガルバリウム鋼板(タテハゼ葺き)の工事も始まりました。

窓廻りには四周に捨て板金を取り付けた、几帳面な施工がされています。

キッチリと丁寧に施工された窓廻り!

>>関連ブログ2014.2.21 外壁ガルバリウム鋼板の自己修復作用 建て主施工確認

南側のテラスからも桜が楽しめそうです。

【外壁をガルバリウム鋼板仕上げとした、設計事務所アーキプレイスでの事例】

  sP1120793 hp-sIMG_1_2017 猫と暮らす中庭のある家1

左上から『千駄木の家』(平葺き)、『空に向かって開いた家』(角波葺き)、『ひかりの家』(タテハゼ葺き)

左下から『ときどき電車の見える家』(タテハゼ葺き)、『空と暮らす家(スキップフロア)』(タテハゼ葺き)、『猫と暮らす中庭のある家』(ガルバサイデイング葺き)

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です