桜を切り取る高窓にガラスが入りました 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場監理。桜を切り取る高窓にはガラスが入り、2階へ上がる階段もかなり出来てきました。

道路側の高窓に入ったガラスに桜が写っていました。

工事中に建て主の方とも相談しながら、より桜並木を大きく捉えられるように高窓上部の作り方を変更しましたが、その効果はかなりあるように感じました。

高窓のガラスには「網」の入っていない防火ガラス・ファイヤーガラスを使ったので、ガラスの存在をあまり感じることなく、桜もくっきりと見ることができます。

「延焼のおそれのある部分」窓では、網入りガラスに変わる防火ガラス・ファイヤーガラスを使うには、ビル用サッシを使うなど方法が限られましたが、サッシメーカー(YKKap)から、耐熱強化ガラス複層ガラス(防火ガラス・ファイヤーガラス)を使った住宅用の防火サッシも発売されました。またまだ使える窓の大きさは物足りませんが、、窓から屋外の景色を眺めるときにに“ガラスの中の網”が眺望性を損ねてしまう点が、これから解消されていくかもしれません。

>>網なしガラスも選べる防火設備 防火窓 Gシリーズ/YKKap

>>高窓(ハイサイドライト)からの採光と通風の事例

階段の周り部分をスッキリした納まりにするために、実際に作る人たちも熱く議論中。

吊り階段の踏み板が施工されました。視線の抜ける軽やかな階段が迎えてくれる玄関になりそうです。

玄関ポーチ・自転車置き場の壁に、スッキリした窯業系サイデイングがはられました。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です