フローリングの張り方 細長変形地の二世帯コートハウス


細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・長屋形式の二世帯住宅)のフローリングの張り方を大工さんと相談して決めました。

2階のフローリング(チークの厚突き複合フローリング)が張られはじめました。

フローリングは一枚の長さが910(三尺)で、床暖房パネルの釘打ち可能部分の間隔が303(一尺)なので、1尺ずらしで張ります。

音楽室のメープルの無垢フローリングが納品されてきたので張り方を確認しました。こちらのフローリングは一枚の長さが1820(6尺)あるので、910ずつずらす3尺ずらしで張ります。

>>関連ブログ2009.12.4 木立に佇む家 無垢フローリング

>>関連ブログ2011.6.24 複合(合板)フローリングの突き板

>>関連ブログ2010.3.8 床暖房にも使える三層無垢フローリング

>>関連ブログ2010.3.9 住宅やクリニックの床材 竹フローリング

音楽室では、継ぎ目をずらして重ね貼りする石膏ボードが施工中。

子供室とロフトの間は壁で全て塞がずに、開口を設けることになりました。

ガルバリウム鋼板の屋根の板金(たてハゼ葺き)は半分程度葺かれました。

デッキテラスにつける予定のオーニング。幅4m、出幅1.5mのかなり大きなサイズのオーニングなので、搬入経路を検討してもらうためにメーカーの方に現調してもらいました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地二世帯コートハウス    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です