足場解体前の外回り確認と足場の外れた外観写真 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)の現場監理。(11/10)明日、足場が取れるので、外壁に目立ったキズがないか、サッシのシール状態、外壁に取り付くフードや器具の施工状態を確認しました。

先日、建て主の方と一緒に決めたピロテイ部分の木部の塗装は、とても綺麗に塗られました。

屋根の内樋に、落ち葉よけのネットも取付けられました。
落ち葉が入るのを完全に防ぐことはできませんが、かなり軽減できそうです。

ガラス屋さんが欄間部分のガラスを嵌めていました。


足場解体の日(11/11)。現場に行けずにいたところ、建て主の方が外観写真を送ってきてくださいました!!

いよいよ完成が近づいてきた感じですが、最後まで気を引き締めていきます。

◼︎建て主の方のご好意により、11月26日(日)にオープンハウス(完成見学会)を開催させていただけることになりました。詳細は決まり次第、このブログや設計事務所アーキプレイスのホームページでお知らせいたします。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です