確認検査機関の完了検査と住宅性能証明 桜並木と暮らす家


桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)は確認検査機関の完了検査を受けました。この住宅は贈与税非課税制度の住宅性能証明を取得するため、その検査も一緒に行われました。

完了検査は特に問題なく終わりましたが、現場は追い込み中で緊張感が漂っています。

家具工事で作ったキッチン背面収納に建具が入り始めました。アイランドキッチンの立ち上がりにはこれから板を張って仕上げます。

北テラスのウッドデッキを大工さんがFRP防水の上に施工中。

南テラスのウッドデッキは北テラスのデッキの色と変えています。

LDKと和室の間の欄間に三角のガラスが入りました。

床のビニル床タイルが貼られ、大便器、手洗い器が設置されました。

仕上げのビニルクロスが貼られて、洗面室は明るくなりました。

玄関照明、ポスト口、インターホンも付きました。ダークブラウンの板張りの下は墨(活性炭)を入れたモルタルを塗りましたが、玄関タイルや扉の色との関係もいい感じに仕上がりました。

紅葉した桜が高窓に映ってキレイでした。

◼︎建て主の方のご好意により、11月26日(日)にオープンハウス(完成見学会)を開催させていただけることになりました。詳細は決まり次第、このブログや設計事務所アーキプレイスのホームページでお知らせいたします。

【 設計事務所アーキプレイスでの木造在来構法の住宅事例 】

%e3%81%97%e3%81%a0%e3%82%8c%e6%a1%9c26_2640 sssimg_0466 %e3%81%8f%e3%82%8b%e3%82%8a01_9133   

しだれ桜と暮らす3世代の家庭と暮らす家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家ときどき電車の見える家木立に佇む家

 

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 桜並木と暮らす家 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です