内部の塗装色を決定しました 細長変形地の二世帯コートハウス


週末(12/23)、『細長変形地の二世帯コートハウス』(木造3階建・長屋形式の二世帯住宅)の建て主の方と現場でお打合せ。

塗装屋さんに作ってもらった塗装サンプルを比べながら、内部の木枠や家具・建具の塗装色を最終決定しました。シナ合板に塗ったものとゴムの木の集成材に塗ったサンプルを作ってもらいましたが、同じ色でも木の違いによって、色の出方に差が出るので悩ましいところです。

前回の仕上げ打合せで保留となっていたビニルクロスは、サンプルを取り直したものをご覧いただきました。ビニルクロスでは表面の模様や凹凸感、色相、斜めから見たときの光り方、継ぎ目の目立ちにくさ、汚れのつきにくさなど一緒に検討しながら決めました。

2階LDKの天井は化粧板張り仕上げなので、ダウンライトの孔を開けた後では位置の修正ができません。図面で検討した位置でおかしいところがないかどうか、いろいろな方向から見ながら慎重に決めました。

打ち合せの後、建て主の方が所属されているオーケストラのクリスマスコンサートへ。オーバー・ザ・レインボーでのアドリブの効いたサックスは最高でした。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地二世帯コートハウス    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください