確認検査機関の完了検査を受けました 細長変形地の二世帯コートハウス


完成に向けて工事の追い込みに入っている『細長変形地の二世帯コートハウス』(SE構法・木造3階建・長屋形式の二世帯住宅)は、確認検査機関の完了検査を受けました。(1/22)

東京では大雪の予想がでていたこともあり、確認検査機関の方は1時間早くきて見ていかれました。

防火設備にしなければいけない開口部には、網入りガラスの防火サッシの代わりに、ガラスに網が入っていないシャッター付きの防火サッシを使ったところがありますが、「防火設備」であることを示すシャッターに貼られた小さなシールも確認していかれました。未施工部分の写真を数カ所送れば「検査済証」がおりることになり、いつものことながらホッと一安心。

>>関連ブログ2017.5.25 確認申請を提出 細長変形地の二世帯コートハウス

2階デッキテラスに設置するオーニングの生地が決まりました。建て主の方、お二人の意見がぴったり合って爽やかなグラスグリーンに。

オーニングの幅は4mあり、メーカーのテンパルの方に2度目の現調をしてもらい、問題なく搬入できることもはっきりしました。

工事会社の方とは外構の打合せもして帰りました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

>>設計事務所アーキプレイス HP

>>設計事務所アーキプレイス Facebook

 

←前の記事 細長変形地二世帯コートハウス    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 細長変形地の二世帯コートハウス タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください