お引き渡しから一ヶ月 ミカンの木の育つ二世帯住宅


昨年末のお引き渡しから一ヶ月が経った『ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建ての二世帯住宅)にOZONE家designのインスペクターの方、コンサルタントの方と伺いました。

22日に降った雪がまだたくさん残っています。板塀の塗装は木に馴染んでいい感じに。

お引き渡し前確認の時のチェック項目を確認し、実際にお住いになっての感想も伺いました。
>>関連ブログ2017.12.9 OZONE家designの引き渡し前確認 ミカンの木の育つ二世帯住宅

靴ぬぎステップ(靴ぬぎ石)ができて、デッキテラスから庭へ上がり下りしやすくなりました。コンクリート平板(一枚千円程度)を利用してつくったもの。

庭には少し暖かくなってから芝を植えられるとのことで楽しみです。

庭の霜柱は・・・

なんと、3階建てでした!

近くの河原にも雪がまだ融けずに残っていました。

昭和の香りのするラーメン店「竹の家」でお昼を食べて帰りました。

>>この住宅の設計・工事経過  →ブログカテゴリー ミカンの木の育つ二世帯住宅

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です