エコハウス設計講座で雑司が谷ZEHハウスを見学しました


HB(ハウスベース)主催のエコハウス設計講座(第2期)がはじまり、第一回目は講師でもある、SUR都市建築事務所の浦田さんの自邸を見学しました。

浦田さんは40年以上前からパッシブデザインの住宅に取り組んでおられる建築家で、この自邸で2017年の日本エコハウス大賞で優秀賞を受賞されています。

オープンハウスの時にも見せていただきましたが、実際にお住まいになっての実感データやに基づく詳細な説明を直接聞くことができました。

エコハウスというと断熱や気密の数値ばかりに目が向いがちですが、SUR都市建築事務所の設計される住宅は、デザインとの両立を図りながら小さな工夫を積み重ねて、季節の移り変わりや日々の暮らしを楽しめるおおらかな住まいになっているところがすばらしいところです。

 

この住宅(3階建・床面積115m2)の空調機はエアコン2台のみですが、1階床下に入れたエアコンの設置方法がとても参考になりました。4回まで続くエコハウス設計講座が楽しみです。

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 断熱・気密・温熱環境, 建築行脚 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください