初めての桜の季節 桜並木と暮らす家


昨年(2017)11月末に完成した『桜並木と暮らす家』(木造2階建・在来工法)が、初めての桜の季節を迎えました。

 

 

 

>>関連ブログ2017.7.18 桜並木と暮らす家 夏の強い日差しを遮るための屋根

 

>>この住宅の設計・工事経過  →ブログカテゴリー 桜並木と暮らす家

>>桜並木と暮らす家 竣工写真 その1
>>桜並木と暮らす家 竣工写真 その2
>>桜並木と暮らす家 竣工写真 その3

桜並木と暮らす家の撮影の後は十条に寄って谷中へ。設計事務所仲間がやっている「くらしing 第8回 みんなでつくるくらしのしつらえ」展へ。

 

 

くらしing(くらっしんぐ)展は年に数回あり、第9回は2018.4/28(土用)〜30(月祝)開催です。

みんなでつくるくらしのしつらえ 第9回

場所:GATE OF LIFE  となり @谷中
東京都台東区谷中7-5-8

なかなか行くことができなかった朝倉彫塑館(あさくらちょうそかん)をはじめて見学。朝倉彫塑館は日本の彫塑会を中心的な存在としてリードした朝倉文夫(1883〜1964)のアトリエと住居だった建物で、現在はミュージアムとして公開されています。朝倉自らが設計し、独特の感覚によって細部まで工夫をこらした造形は、驚きに満ちていて、教育者としての思想や世界観をも感じさせる建築でした。>>彫塑(ちょうそ)について

 

>>設計事務所アーキプレイス HP
>>設計事務所アーキプレイス Facebook

←前の記事 桜並木と暮らす家    次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 建築行脚, 桜並木と暮らす家 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください