追加工事費用と残工事の確認 ミカンの木の育つ二世帯住宅


遅れ遅れになっていた追加工事費用の説明資料がそろったので、週末、『ミカンの木の育つ二世帯住宅』(木造2階建ての二世帯住宅)に施工会社の方と伺いました。

冬には霜柱ができていた土の庭は、建て主の方が植えられた芝生TM9(ティエムナイン)が青々と育ち、様変わりしていました。TM9(ティエムナイン)は、ホームセンターで売っている芝に比べると高価ですが、芝の密度が濃くて葉は柔らかく、草丈が短くて成長も遅いため、芝刈り回数が少なくてすむ省管理型のコウライシバです。

>>関連ブログ2015.7.27 『くるりのある家』の半年点検に伺いました。

 

庭にできた子供さん用の砂場は、蓋が椅子に変わるという市販品の優れもの。ミカンの木には親指大に育った実がたくさん付いていました。ミカンの木の隣のレモンの木は北側の植栽枡に移されるそうです。

残工事と手直し工事の確認をし、二世帯とお住いの様子を伺って帰りました。

>>この住宅の設計・工事経過  →ブログカテゴリー ミカンの木の育つ二世帯住宅

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ミカンの木の育つ二世帯住宅 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。