スエーデン式サウンディング試験 大きなテラスの小さな賃貸住宅


大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)』(木造2階建・在来工法)のスエーデンサウンディング試験(SS試験)での地盤調査に立ち会いました。

木造住宅の地盤調査は一般的に、スエーデンサウンディング試験(SS試験)で行います。この調査の原理は、先端が尖った鉄の棒を荷重をかけながら地面にねじ込み、その時の進み具合によって地面の硬さ調査するものです。

調査機械なかなり進化していて、GeoKarteIII(ジオカルテ スリー号)は、セットすればほぼ自動で調査が進みます。さらに、アプリを入れたスマホには調査データ(N値も含む)が転送され、その場から会社にデータを送ることができるそうです。

 

鉄の棒(ロッド)を差し込む前に、アスファルト舗装には穴を開けておきます。右はホンダの発電機EU16i。

商店街に寄って、ともえ庵のたい焼きを買って帰りました。

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。