公設桝の管底を調べる 明大前の賃貸併用二世帯住宅


明大前の賃貸併用二世帯住宅』(RC半地下+木造2階建)の敷地には高低差があり、道路から約1.4m高くなっている地面を基準にして、地下1階地上2階建ての建物を建てます。そうすると地下の床面は道路面よりも低くなり、地下に設ける水廻りやドライエリアの排水計画が重要になるので、下水道局の方に来てもらって現地の公設桝の管底の深さを測りました。

一般的には公設桝の管底の深さは800前後ですが、820でした。排水ポンプ使わずに自然勾配でここに排水できるように、地下の床レベルと配管経路を計画していきます。

 

関連ブログ2012.4.18 ハザードマップ(浸水予想図)を確認しよう

>>関連ブログ2010.12.22 土地(敷地)のインフラ(上下水道・電気・ガス)の確認と整備費用

 

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

P1230762 sssP1000816 
Exif_JPEG_PICTURE sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 パーマリンク

コメントは停止中です。