暗中模索中 ふたつのコートのある二世帯住宅


週末、『ふたつのコートのある二世帯住宅』(木造3階建て)の打合せに行きました。

今回はC2案、C3案、F案もとの打合わせ。

F案は、親世帯の中庭は今までは四方を建物で囲まれて中央にありましたが、中庭の一面を外に面させて三方を建物で囲うようにしました。子世帯では、階高に変化をもたせたり、部屋配置を変えたりした案で、ご意見を伺いました。

現在、プランは色々なパターンを作り可能性を探っているところで、纏まるにはまだ時間がかかりそうです。でもこの暗中模索状態は、家づくりにおいては欠かせない大切な時間でもあります。

キッチンは当初からオーダーキッチンをご希望だったので、キッチン家具の方にも入ってもらい、たたき台をもとに打合わせしました(7/22)

前回(7/8)は、新たに出てきた子世帯の予備室や両世帯で使うゴミ置き場を組み入れたC、D、E案を元に打合せしました。

玄関の位置や階段の形状も変わってくるため、それぞれの特徴と使い勝手をご説明し、ご希望や気になる点なども伺いました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ふたつのコートのある二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ふたつのコートのある二世帯住宅 タグ: , , , パーマリンク

コメントは停止中です。