ミカンの木の育つ二世帯住宅 外観の竣工写真


昨年末(2017)にお引き渡しした、部分共有型二世帯住宅ミカンの木の育つ二世帯住宅の外観の竣工写真。

敷地面積:226.23m2(68.43坪)  建築面積:80.49m2(24.34坪)  延床面積:142.93m2(43.23坪)
設計監理:設計事務所アーキプレイス  構造設計:構造設計スタジオ シエスタ  施工:(株)内田産業  コーディネート:OZONE 家design(オゾン家デザイン)   
写真[S.Osawa=大沢誠一、AP=アーキプレイス]

西側外観。三角形の開口部分には2階のデッキテラスがあり、屋根と壁が雨や西日を防ぐとともに、プライバシーも守っている。[S.Osawa]

北側の道路沿いには3台分+客用駐車スペース。外壁はフラットな窯業系サイデイング[S.Osawa]

ミカンの木が植わる庭から見る。庭側には雨や日差しを遮る屋根が出ている。[S.Osawa]

デッキテラスから庭に降りる靴ぬぎ石はコンクリート平板で製作[AP]

道路沿いの木製の板塀越しに見る[S.Osawa]

北西側の夕景[S.Osawa]

三角形の開口から光が漏れる[S.Osawa]

玄関アプローチ周り夕景。屋根下はバイク・自転車置き場。[AP]

 

>>設計・工事経過 ブログカテゴリー ミカンの木の育つ二世帯住宅

>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その1
>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その2
>>ミカンの木の育つ二世帯住宅 竣工写真 その3

■Works 完成写真[事例写真] 木造(W・在来工法)
■Works 完成写真[事例写真] 郊外型住宅
■Works 完成写真[事例写真] 二世帯住宅・多世代住宅

 

設計事務所アーキプレイスでのOZONE 家 design(オゾンいえデザイン)の事例】

それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウスミカンの木の育つ二世帯住宅独立した二世帯が集う家くるりのある家猫と暮らす中庭のある家空と暮らす家(スキップフロア)東京タワーと桜に見える家

  独立OZONEサムネイル くるりOZONEサムネイル 猫と暮らOZONEサムネイル 空と暮OZONEサムネイル 東京タワーOZONEサムネイル

←前の記事 ミカンの木の育つ二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(完成済), Works, ミカンの木の育つ二世帯住宅, 木造(W・在来工法), 都市型住宅, 二世帯住宅・多世代住宅, 完成写真[住宅事例ほか]ALL パーマリンク

コメントは停止中です。