明大前の賃貸併用二世帯住宅 基本設計 C2案


週末、『明大前の賃貸併用二世帯住宅』(賃貸併用の二世帯住宅)の建て主の方と、建築面積を増やしたC2案を元にしてお打合せしました。

C2案は建築面積を増やした分、床面積も増えてきたので、容積率もギリギリまで使う案になっています。

プラン(間取り)が決まってきたので、徐々に家具や設備などの打ち合わせに入っています。子世帯はテーブル一体型のキッチンですが、いくつかご覧になったメーカーの既製品は「帯に短し襷に長し」状態だったため、オリジナルで製作することになります。

 

テーブル一体型のキッチン製作したアーキプレイスの事例を参考にしながら、細かなご要望を改めてお伺いしました。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

P1230762 sssP1000816 
Exif_JPEG_PICTURE sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03

←前の記事 明大前の賃貸併用二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 明大前の賃貸併用二世帯住宅 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。