デスクやカウンターに使える無垢巾剥ぎ材(むくはばはぎざい) 岡崎製材


無垢材在庫日本一をうたう岡崎製材の方が、無垢板や無垢巾剥ぎ材(むくはばはぎざい)の営業に来られました。

ナラ、ホワイトオーク、ウオルナット、チェリーなどの広葉樹の無垢板は綺麗ですが、集成材や突き板の合板よりもかなり高くなるイメージがあるため、なかなか使う機会が少ないのが現状です。しかし、数枚の無垢板を巾方向でつなぎ合わせた無垢巾剥ぎ材(むくはばはぎざい)は、中間業者を入れずに直接頼めば思っていたよりも安い価格で購入できそうです。
また、岡崎製材は板厚が薄い剥ぎ板(10mm〜)も作ることもできるため、これからはデスクやカウンターなどの材料としてもっと提案してみたいと思いました。

岡崎製材(愛知県岡崎市)には、なんと50,000枚点以上の無垢板の在庫があるとのこと。
直接見に行くには関東からは少し遠い場所ですが、ホームページの無垢板が探せるサイト「NATURE DESIGN 無垢板一枚コレクション」には、800枚の無垢板が掲載されており、誰でも購入することができるそうです。自分好みの樹種の名前を見つけたり、その値段の目安を知るためにも使えるかもしれません。

>>NATURE DESIGN 無垢板一枚コレクション 

タモの無垢巾剥ぎ材をデスクに使った『風と光と暮らす家』のご主人の書斎

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 建築材料・素材, 日常 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。