基本設計のまとめ ふたつのコートのある二世帯住宅


今年(2018)の6月から一緒に設計を進めてきた『ふたつのコートのある二世帯住宅(木造3階建・SE構法は、週末、建て主の方と基本設計のまとめの打合せ。

コートの位置と部屋の関係、キッチンの配置や向き、路地状敷地への適合、竪穴区画との関係、ガレージの大きさ、共同住宅か長屋か、総床面積(規模)などいろいろ検討を重ねて基本設計がほぼ纏まりました。

>>これまでの設計経過 ふたつのコートのある二世帯住宅


 

これからはより細かな打合せと実施設計に入り、来年1月末を目標に見積用図面を作成していきます。

設計事務所アーキプレイスでの二世帯住宅・多世帯住宅の事例】

ミカンの木の育つ二世帯住宅緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅しだれ桜と暮らす3世代の家独立した二世帯が集う家東京タワーと桜に見える家みんな集まる家風が吹抜ける家

sssP1000330 P12307621-e1447987975901 sssIMG_1953 二世帯バナー 独立26_012
 sssIMG_0587 ssIMG_8351 ph05-03-e1447988081419

←前の記事 ふたつのコートのある二世帯住宅     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), ふたつのコートのある二世帯住宅 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。