現場監理に行きました それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス


それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス』(木造2階建て在来工法)の
現場監理に行きました。


構造設計の千葉さんと構造の最終チェック。レンジフードのダクト納める片持ちの鉄骨下地がで取付けられました。

猫テラスのFRP防水も終わり、サッシや外壁の透湿防水シートも施工され、雨が降っても中を濡らすことがなくなりました。

ガルバリウム鋼板の屋根も葺き終わり、水下(みずしも)側には雪止めもついています。

>>関連ブログ2010.2.2 金属屋根の雪止め(ゆきどめ)金具 種類と形状


1階では、基礎耐圧版コンクリートの平場と、基礎立上がりの内側に断熱材が施工されました。電気の配線工事も始まっています。

>>関連ブログ2018.1.30 イゼナの蓄熱式床暖房(アクアレイヤー)を初体験

設計事務所アーキプレイスでの中庭のある住宅やコートハウス事例】

細長変形敷地の二世帯コートハウス蕨市のコートハウス猫と暮らす中庭のある家囲まれた家夏ツバキの家

 s warabishi s nekotokurasu s kakomareta s natutubaki

←前の記事 それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!

 


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), それぞれの時間を大切に犬猫と暮らすコートハウス タグ: , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。