傾斜屋根のガルバリウム鋼板葺き 大きなテラスの小さな賃貸住宅


大きなテラスの小さな賃貸住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理へ行きました。

傾斜屋根のガルバリウム鋼板を施工中。MSタフビーム333(フラットタイプ)/かん 合縦平葺(月星商事)。流れ方向には継ぎ目なく葺けて、屋根に止める吊り子部分が一体成型されており、かん合部をはめ込む形の既製品なので漏水の心配はありません。

金属屋根の弱点である雨音対策として、今回はビブレス ルーフシートと言われる制振材を使用。MSタフビーム333の中央に一列貼ったものと貼る前のものを叩いて比べてみましたが、とても効果があると感じました。

外壁の窓(アルミサッシ)の取り付けが始まっています。

2階のテラスの床のFRP防水が施工されました。水は排水溝の端にある穴(ドレン口)から排出されます。その上の穴はドレン口が詰まった時用の、オーバーフロー管と言われるものです。最近のゲリラ豪雨などの想定を超える集中豪雨への対応として、穴の径は50mmの大きいものをつけてもらいました。

>>屋根FRP防水工事 みんな集まる家

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。