大きなテラスの小さな賃貸住宅 断熱材と外壁の透湿防水シート


大きなテラスの小さな賃貸住宅』(木造2階建・在来工法)の現場監理へ。

天井にグラスウールの断熱材(屋根の外断熱と組合せ)が施工されました。

壁にもグラスウールの断熱材が施工されました。

エアコンの配管が施工されました。準耐火構造の場合、一般的には内壁の石膏ボードの厚さは15mmですが、外壁に使うCBウォールの認定構法に合わせるため、CBウォールの部分の内壁側は、石膏ボード12.5mmの上に石膏ボード9.5mmを重ねて貼っています。


外壁の外回りには透湿防水シートが貼られました。透湿防水シートの施工状況を確認しながら、窓(サッシ)、換気・給気口、配線・配管穴部分の止水施工も見て回りました。

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。