大きなテラスの小さな賃貸住宅 現場での仕上げ材の最終決定


抜けるような青空が広がった週末、建て主の方と『大きなテラスの小さな賃貸住宅』(木造2階建・在来工法)の現場で、仕上げ材を最終決定しました。

仕上げ材は設計中にも一旦決めていますが、時間が経ってイメージが変わるものや、現場が出来上がってくることで新しい考えが浮かんだりすることもあるので、仕上げ工事に入る前に必ず現場にサンプルを用意して一緒に確認して決めています。

 

壁のビニルクロスや左官仕上げ、床の磁器質タイルやビニル床シートなどを決定。足場が外れてから工事に入る外構も打合せました。

 

板金工事の業者の方と板金の細かな納まりを打合せて帰りました。

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) パーマリンク

コメントは停止中です。