大きなテラスの小さな賃貸住宅 窯業系サイディングのスターター金物


大きなテラスの小さな賃貸住宅』(木造2階建・在来工法)の現場では、外壁工事が本格的にはじまりました。

CBウォール(カラーベスト)を貼る下地合板の上にアスファルトルーフィングを施工中。

窯業系サイディングは下から上へ貼っていきますが、一番下のスターターと言われる金物を確認。今回は鉄筋コンクリート基礎に被せて貼る部分があり、その部分は木の下地材で不陸を調整する必要があるため、上の左写真のような薄い形の金物をスターターとして使います。

 

左写真が今回のスターター金物、右写真が通常のスターター金物です。

木製建具(神谷コーポレーション)の枠を施行中です。

造作工事と既製品の建具を組み合わせるディテールとした、木製の方立てを大工さんが工夫して取り付けてくれました。ガラスを入れると見えなくなる溝の中と側面からのビスで方立てを2方向から固定し、側面のビスは込み栓(こみせん)を使って目立たなくしています。

←前の記事 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区)     次の記事→

人気ブログランキングへこちらもよろしく。 広島ブログもひとつコチラも!


カテゴリー: 設計・現場監理(進行中), 大きなテラスの小さな賃貸住宅(杉並区) パーマリンク

コメントは停止中です。